バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » 市場で流通しているバイクの種類 » ミニバイク

ミニバイクについて解説

ミニバイクとは

排気量的には50cc~125ccの原付1種(小さな白ナンバー)および原付2種(黄色またはピンクナンバー)に分類されるというのがまずひとつ。その上で、クラッチレバーとトランスミッションを備え、ライダー自身がギアチェンジを行う車種が、ミニバイクということになります。

50cc~125ccの原付1種・原付2種にはスクータータイプの車種が多数ラインアップされており、そのほとんどは、オートマチックトランスミッションでライダーがギアチェンジを行う必要がありません。そうしたスクーターとは別の車種として区別するという意図から、小排気量でクラッチ操作とギアチェンジを行う必要があるモデルを、ミニバイクと呼称するようになりました。

ミニバイクの魅力

ミニバイクは、排気量こそ50cc~125ccの原付または小型自動二輪に分類されますが、クラッチ操作とシフトチェンジをライダー自身の意思で行うことができ、操る楽しみという面では、中型や大型のバイクと同等と言えます。

またミニバイクという車種のなかでオフロード系やスポーツ系といったバリエーションも広がっており、より自分の好みに合わせた車種を選ぶ楽しみもあります。もうひとつ、車両価格や維持費の身近さという点では50cc~125ccのスクーターとほぼ同等。4輪車の任意保険の「ファミリーバイク特約」も利用することができます。

代表的なミニバイク

ホンダ CB125R

ホンダ製ネイキッドモデルの代名詞と言える“CB”の名を冠した125ccモデル。2017年秋のミラノショーで発表され、2018年に発売開始。124cc水冷単気筒エンジンを搭載し、前後17インチ径のホイールとショーワ製倒立フロントフォークが採用されています。

スズキ GSX-R125

スズキが誇るスポーツ系モデルである“GSX-R”の系列に属する124cc水冷単気筒エンジン搭載モデル。125ccクラスでは少数派となったフルカウル装着モデルであり、ホイール径も前後17インチのフルサイズというこだわりが貫かれています。

KTM RC125

オーストリアのメーカーでありながら、日本の免許制度を見据えた車種も精力的に手掛けているKTM。このRC125は車名の通り、125ccエンジンを搭載したフルカウルのスポーツモデル。2014年に登場し、2022に2代目へのフルモデルチェンジが慣行されました。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?