スクランブラー

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » 市場で流通しているバイクの種類 » スクランブラー

スクランブラーについて解説

スクランブラーとは

近年人気となっているネオレトロというバイクジャンル。古き良き時代のスタイルを再現しながら、中身の性能は現代レベルに仕上がられているというスタイルですね。そんなネオレトロブームに関連して、人気と注目度が高まっているのがスクランブラー。

古き良き時代の雰囲気の車両をベースに、ブロックパターンタイヤやアップライト方式のマフラーレイアウト、幅広のハンドルなどを装着し、オフロード走行もこなせるようにしたスタイルを指します。

スクランブラーの魅力

スクランブラーは本格的なオフロードモデルがまだ存在していなかった1960年代以前、オンロード用マシンをオフロード走行に対応できるようにカスタムしたことが由来。ちなみに英語の“Scrambler”には「よじ登る者、這いつくばって進む者」という意味があり、未舗装の坂道をぐんぐん進むことができるバイクというニュアンスからこの名称が定着したそうです。

つまりは、古き良き時代の雰囲気を楽しむことができるネオレトロの要素に加え、オンロードとオフロードの双方に対応できるアドベンチャーやデュアルパーパスモデルの要素も兼ね備えているのがスクランブラーならではの魅力と言えるのです。

代表的なスクランブラー

ドゥカティ スクランブラートリビュートPRO

2015年に発売開始となり、一躍人気となったドゥカティのスクランブラーシリーズ。この トリビュートPROはドゥカティが空冷Lツインエンジンを開発して50周年を記念するモデルとして登場。エンジンは先行モデルの803ccに代わり、1,079cc空冷Lツインが搭載されています。

BMW R Nine T スクランブラー

ボクサーエンジン搭載のネオレトロスタイルとして人気のR Nine Tをベースに、車名の通りスクランブラースタイルのメーカーカスタムを施した1台。マフラーはアップマウントのレイアウトになり、フロントホイールは19インチに大経化。フロントフォークはブーツカバー付きの正立タイプとなっています。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?