レーサーレプリカ/スーパースポーツ

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » 市場で流通しているバイクの種類 » レーサーレプリカ/スーパースポーツ

レーサーレプリカ/スーパースポーツ
について解説

レーサーレプリカ/スーパースポーツとは

レーサーレプリカが一大ブームを巻き起こしたのは1980年代の中盤。フルカウルにセパレートハンドル、アルミ製フレームといったレーシングマシンを彷彿させる特徴や外観を持ち、より高回転型のエンジンを搭載したモデル群が大人気となりました。その中心となっていたのは2スト250ccモデル、ならびに4スト400ccモデルでした。

その後、1990年代に入るとブームは終焉しますが、その流れは1998年のヤマハYZF-R1の登場により、1000ccの大型クラスに受け継がれます。レーシングマシンに近いハイスペックな性能を実現したモデル群をスーパースポーツと呼称するようになり、現在に至っています。メインは1000cc以上の4気筒モデルですが、600ccクラスのスポーツモデルも広義のスーパースポーツとされています。

レーサーレプリカ/スーパースポーツの魅力

レーサーレプリカ/スーパースポーツの魅力は、何と言っても、その性能に尽きるでしょう。量産市販車のなかでも、ひときわ高いコーナーリング性能を有しており、エンジンも高回転型でパワーも強大。

そうした高性能な車輛は一般公道ではフルに扱いきれるものではありませんが、そうしたスペックを誇るモデルを所有するという喜びは格別なもの。また普段は一般公道で走行しながら、時にはクローズドサーキットに持ち込んでの走行を満喫するというのも、レーサーレプリカ/スーパースポーツならではの楽しみ方となっています。

代表的なレーサーレプリカ/スーパースポーツ

スズキ GSX-R1000/R

スズキが誇るスポーツ系モデルGSX-Rシリーズにおいて、直列4気筒1000ccエンジンを搭載したフラッグシップモデル。2001年の初代登場以来、モデルチェンジを繰り返しながら、進化を続けています。2021年には、スズキと関係の深いレーシングチーム、ヨシムラによって、EWC世界耐久選手権の年間王者に輝きました。

ドゥカティ パニガーレV4S

パイプトラスフレームとLツインエンジンという長年のこだわりをドゥカティ自ら刷新し、モノコックフレームとV型4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデルとして、満を持して登場。あえてそれまでのドゥカティらしさを捨て、より高性能を突き詰めたモデルであるという点が、何よりの注目ポイントとなっています。

MVアグスタ F4RR

マッシモ・タンブリーニによる洗練されたデザインと、高性能さを突き詰めたスペックにより「走る宝石」と称される、F4シリーズ。1,000ccエンジンの第2世代モデルをベースに、高性能パーツをふんだんに用いて、より走行性能を高めた上位モデルがこの“RR”となります。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?