スクランブラー カフェレーサー

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ドゥカティ【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » スクランブラー カフェレーサー
  

ドゥカティ

スクランブラー カフェレーサー

イタリアンモデルにイギリス文化が融合
スクランブラー カフェレーサーの買取相場と査定レポート

かつてのドゥカティ人気車種を800ccモデルとして復活させたスクランブラーシリーズ。そのスタンダード仕様をベースに、イギリス発祥のカフェレーサースタイルのカスタムを施したのが、他ならぬスクランブラー カフェレーサーになります。そんな同モデルの買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

買取相場

610,000~
760,000円

スクランブラー カフェレーサーをバイクワンで査定してもらいました!

今回査定に出したスクランブラー カフェレーサーの画像はコレだ!

ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例

今回査定に出したスクランブラー カフェレーサーの画像はコレだ!

ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
ducati_supersport 買取査定事例
買取車情報
年式 2018年
走行距離 8,700km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、カバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム
5
ストッパー傷小、ステップ傷小
そのほか
-
ディーラー車、鍵2本、車庫保管で目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、カバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム 5
ストッパー傷小、ステップ傷小
そのほか -
ディーラー車、鍵2本、車庫保管で目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

バイクワンの査定額

680,000

※2021年6月時点の相場を鑑みた査定額です

条件が違ったらスクランブラー カフェレーサーの査定額はどう変わる?

社外ステップやシートなどオプションあり プラス10,000円~30,000円
傷・錆一切無し プラス30,000円~
転倒により傷が目立つ車輛 マイナス30,000円~
社外ステップやシートなどオプションあり
プラス10,000円~30,000円
傷・錆一切無し
プラス30,000円~
転倒により傷が目立つ車輛
マイナス30,000円~

ライダーライターTよりひとこと

こちらは2018年式のスクランブラー カフェレーサー。セパレートハンドルやビキニカウル風のヘッドライトバイザー、そしてゼッケンプレート風のサイドカバーと54番のカーナンバー風ロゴが、いかにもカフェレーサーらしい佇まいとなっていますね。

気になる買取相場は610,000円~760,000円。この個体に提示された買取査定は680,000円だったとのこと。細かな錆や傷はるものの、目立つ大きなダメージはなく、ディーラー車で車庫保管のきれいな状態、鍵も2本付属とのことで、この買取査定になったそうです。

なお、社外ステップやシートなどのオプションありならばプラス10,000円~30,000円程度。傷や錆などが一切無い状態ならプラス30,000円以上の査定アップが期待できるそうです。

スクランブラー カフェレーサーとは

ducati_supersport
スクランブラー カフェレーサーのスペック情報
総排気量 803cc
最高出力 54 kW(72 PS)/8,250rrpm(日本仕様)
最大トルク 67 N·m(6.8kgf·m)/5,750rpm(日本仕様)
全長・全高・シート高 2,170mm/1,066mm/805mm
重量 188kg
燃料タンク容量 13.5L
燃料消費率 -
発売年 2017年
メーカー希望小売価格 1,350,000円(2017年モデル)
カラー ブラック・コーヒー

スクランブラー カフェレーサーの歴史

スタンダード仕様をベースに、カフェレーサーカスタムを慣行

スクランブラー カフェレーサーは2017年に登場。1960年代にドゥカティがアメリカ市場向けに発売していた中排気量人気モデルシリーズ「スクランブラー」の車名が、2015年に満を持して、800ccエンジン搭載モデルとして復活したのは、ご存知の通り。そのスタンダードモデルをベースに、文字通りカフェレーサースタイルのカスタムを施した派生兄弟モデルとしてお目見えしました。

主な特徴は前後ホイールを17インチ化(スタンダードは前18インチ後17インチ)し、ピレリ製のハイグリップタイヤ、ディアブロロッソ2を装着。セパレートハンドルやビキニカウル風のヘッドライトバイザーを装着し、サイドカバーはゼッケンプレート風の意匠に。54のナンバーは、かつてのドゥカティのワークスライダー、ブルーノ・スパッジアーリがつけていたゼッケン番号に由来しているとのこと。

スクランブラー カフェレーサーの魅力

イタリアンのスクランブラーに英国文化が融合

バイクがお好きな方には改めてご説明するまでもなく、カフェレーサーは1960年代にイギリスで発祥したカスタム文化です。現在で言うところのネイキッドをベースに、セパレートハンドルやビキニカウル、シングルシートなどを装着し、レーシングマシン風に仕上げるスタイルですね。近年のネオクラシック人気とも相まって、再び注目を集めています。

スクランブラー カフェレーサーはもちろんイタリアのドゥカティ製、そこにイギリス発祥の文化を融合させているというのが大きな特徴。走りに重きを置いたパーツへの換装を行った上で、イタリア車の真骨頂であるデザイン性の高さを具現化しているというのが、このモデルならではのかっこよさを高めていると言えるでしょう。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?