CVO FLHXSE ストリートグライド PXN

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ハーレーダビッドソン【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » CVO FLHXSE ストリートグライド PXN
  

Harley-Davidson

CVO FLHXSE ストリートグライド PXN

ハガースタイルカスタム をCVO化
CVO FLHXSE ストリートグライド PXNの買取相場と査定レポート

ツーリングファミリーのFLH系をベースに、人気のハガースタイルカスタムを施して誕生したストリートグライド。そこにハーレーならではのCVO化が施されたのが、CVO FLHXSE ストリートグライドPXNになります。そんな同モデルの買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

買取相場

2,290,000~
2,590,000円

CVO FLHXSE ストリートグライド PXNをバイクワンで査定してもらいました!

今回査定に出したCVO FLHXSE ストリートグライド PXNの画像はコレだ!

harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例

今回査定に出したCVO FLHXSE ストリートグライド PXNの画像はコレだ!

harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
買取車情報
年式 2016年
走行距離 8,600km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 バックギア、ナビ、ETC
査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、カバー錆小、異音少なくアイドリングや吹け上がりも問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール錆小、タイヤ減り小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、サイドケース傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール錆小、タイヤ減り小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー錆小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム
5
ストッパー傷小、ステップボード傷小
そのほか
-
オーナーズマニュアル有り、屋内保管で傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、カバー錆小、異音少なくアイドリングや吹け上がりも問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール錆小、タイヤ減り小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、サイドケース傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール錆小、タイヤ減り小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー錆小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム 5
ストッパー傷小、ステップボード傷小
そのほか -
オーナーズマニュアル有り、屋内保管で傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

バイクワンの査定額

2,400,000

※2020年12月時点の相場を鑑みた査定額です

条件が違ったらCVO FLHXSE ストリートグライド PXNの査定額はどう変わる?

社外エアクリーナーやステップボード等カスタム プラス10,000円~30,000円
社外マフラー装着、純正マフラー保管 プラス20,000円~50,000円
傷・錆一切無し プラス30,000円~
社外エアクリーナーやステップボード等カスタム
プラス10,000円~30,000円
社外マフラー装着
プラス20,000円~50,000円
傷・錆一切無し
プラス30,000円~

CVO FLHXSE ストリートグライド PXNのカスタム事例

harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例

CVO FLHXSE ストリートグライド PXNのカスタム事例

harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例
harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn 買取査定事例

ライダーライターTよりひとこと

こちらは2016年式のCVO FLHXSE ストリートグライドPXN。CVOモデルというと個性的でビビッドなカラーリングをイメージしがちですが、これはブラックベースに紺のフレア模様という、なかなか渋い感じですね。もちろん個性はしっかり主張しています。

気になる買取相場は2,290,000円~2,590,000円。この個体に提示された買取査定は2,400,000円でさすがCVOモデルという感じです。小さな傷や錆はあるものの、屋内保管で概ねきれいな状態。各種装備の装着も加味され、この金額提示となったそうです。

なお、社外エアクリーナーやステップボードなどのカスタムでプラス10,000円~30,000円程度。社外製マフラー装着かつ純正マフラー保管でプラス20,000円~50,000円程度。傷や錆が一切ない状態ならばプラス30,000円以上の査定アップが期待できるそうです。

CVO FLHXSE ストリートグライド PXNとは

harleydavidson_cvo_flhxse-streetglide_pxn
CVO FLHXSE ストリートグライド PXNのスペック情報
総排気量 1,801cc
最高出力 非公表
最大トルク 141 N・m/4,000rpm
全長・全高・シート高 2,450mm/1,345mm/690mm(加重時)
重量 395kg
燃料タンク容量 22.7L
燃料消費率 17.5km/L
発売年 2010年
メーカー希望小売価格 4,320,000円(2016年モデル)
カラー ホワイトアメジスト/ブラックリコリスフレイム、アトミックレッド/キャンディアップルフレイム他

CVO FLHXSE ストリートグライド PXNの歴史

ストリートグライドをベースに、CVOを施した1台

CVO FLHXSE ストリートグライドという車種が初めて登場したのは2010年。そしてベースとなったストリートグライドの誕生は、2006年にまで遡ります。それ以前、ツーリングファミリーのトップエンドモデルに君臨していたウルトラは、高速道路を利用した長距離ツーリングに最適化されたモデルという位置づけでした。しかしユーザーの間で、このウルトラの豪華装備を敢えて取り外し、個性的なカスタムペイントを施してストリートユースに重きをおくカスタムが流行。これを「ハガースタイル」といいます。

そんな時流を受け、それならばとハーレー自らが「ハガースタイル」モデルとして売り出したのが2006年のストリートグライドなのです。その後もエンジンの1,450ccから1,584ccへの排気量アップとインジェクション化、ミッション6速化、タイヤの外形化&ワイド化といった熟成が重ねられました。そして2010年、満を持してCVO化されたのが、CVO FLHXSE ストリートグライドに他なりません。

CVO FLHXSE ストリートグライド PXNの魅力

ハーレー自らが手掛ける、究極のファクトリーカスタム

そもそもハーレーというメーカーは、自社で手掛けるモデルをベースに、自社でカスタム化を行い新たなモデルとして売り出すということを得意としています。ストリートグライド自体も、そんなファクトリーカスタムの一台です。その一方、ハーレーは企業として巨大化したために、様々な制約が課せられるという事態も起きていました。そうした状況を打破しようと生まれたのが、CVO(Custom Vehicle Operation)という、ハーレーの技術者が持てる技術のすべてを投入して究極のカスタムを造り上げるプロジェクトでした。

CVO FLHXSE ストリートグライドはそうした出自をもって誕生したモデル。ハーレーオフィシャルのエンジンカスタムパーツ「Screamin’Eagle(スクリーミンイーグル)」によってエンジンは1,801 ccにスケールアップ。ホイールやサスペンションもより高性能化され、さらには特別なグラフィックが施されました。まさにハーレー自らが手掛けた、究極のカスタムモデルなのです。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?