FLHX ストリートグライド1750 KBC

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ハーレーダビッドソン【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » FLHX ストリートグライド1750 KBC
  

Harley-Davidson

FLHX ストリートグライド1750 KBC

ミルウォーキーエイト107を搭載したハガースタイル
FLHX ストリートグライド1750 KBCの買取相場と査定レポート

ハーレー伝統の“ビッグツイン”が、1750ccミルウォーキーエイト107へと進化。その新たな心臓部を搭載したハガースタイルモデルこそ、2018年発売のFLHXストリートグライド1750 KBCに他なりません。そんな同モデルの買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

買取相場

1,780,000~
2,030,000円

FLHX ストリートグライド1750 KBCをバイクワンで査定してもらいました!

今回査定に出したFLHX ストリートグライド1750 KBCの画像はコレだ!

harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例

今回査定に出したFLHX ストリートグライド1750 KBCの画像はコレだ!

harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
買取車情報
年式 2018年
走行距離 4,300km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、カバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、フェアリング傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム
5
ステップ傷小
そのほか
-
ワンオーナー、鍵2本、屋内保管で傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、カバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、フェアリング傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム 5
ステップ傷小
そのほか -
ワンオーナー、鍵2本、屋内保管で傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

バイクワンの査定額

1,850,000

※2021年1月時点の相場を鑑みた査定額です

条件が違ったらFLHX ストリートグライド1750 KBCの査定額はどう変わる?

社外ステップやスクリーン等カスタム プラス10,000円~30,000円
社外マフラー/エアクリーナー装着、純正保管 プラス20,000円~50,000円
バガースタイル、フルカスタム車輛 プラス50,000円~
社外ステップやスクリーン等カスタム
プラス10,000円~30,000円
社外マフラー/エアクリーナー装着、純正保管
プラス20,000円~50,000円
バガースタイル、フルカスタム車輛
プラス50,000円~

FLHX ストリートグライド1750 KBCのカスタム事例

harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例

FLHX ストリートグライド1750 KBCのカスタム事例

harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例
harleydavidson_flhx1750_kbc 買取査定事例

ライダーライターTよりひとこと

こちらは2018年式のFLHXストリートグライド1750 KBC。車体右側に装着された、サドルバック側面を思わせる形状の新デザインエアクリーナーカバーと、そこに記された「107」の数字に目を惹かれます。もちろん、新生“ビッグツイン”である、1750ccミルウォーキーエイト107を搭載しているという証です。

気になる買取相場は1,780,000円~2,030,000円。この個体に提示された買取査定は1,850,000円だったとのこと。細かな傷や錆などはあるものの、ワンオーナーで屋内保存されており概ねきれいな状態と評価され、この買取査定金額が提示されたそうです。

なお、社外ステップやスクリーンなどのカスタムが施されていればプラス10,000円~30,000円程度。社外製マフラーとエアクリーナー装着かつ純正保管でプラス20,000円~50,000円程度。墓―スタイルのフルカスタムが施された状態ならばプラス50,000円以上の査定アップが期待できるそうです。

FLHX ストリートグライド1750 KBCとは

harleydavidson_flhx1750_kbc
FLHX ストリートグライド1750 KBCのスペック情報
総排気量 1,745cc
最高出力 非公表
最大トルク 150 N・m/3,250rpm
全長・全高・シート高 2,450mm/非公表/695mm
重量 368kg
燃料タンク容量 22.7L
燃料消費率 --
発売年 2018年
メーカー希望小売価格 2,995,000円~
カラー ビビッドブラック、ウィキッドレッド、シルバーフォーチュン他

FLHX ストリートグライド1750 KBCの歴史

2017年、ビッグツインエンジンが新たなフェイズに突入

FLHXストリートグライド1750 KBCは2018年モデルとして登場。その前年の2017年、ハーレー好きな方はご存じでしょうが、ハーレー伝統のビッグツインエンジンが新たに、1750ccの排気量にスケールアップしたミルウォーキーエイト107へと進化しました。先代にあたるツインカムシリーズは、1450ccのツインカム88、1,584ccのツインカム96、1690ccツインカム103と進化。

そして新たなフェイズとして、ハーレーの生まれ故郷であるウイスコンシン州ミルウォーキーの地名を新生ビッグツインエンジンに冠したのです。ハーレーの意気込みを感じさせますね。ミルウォーキーエイト107を搭載したストリートグライドとして2018年に登場したのがFLHXストリートグライド1750 KBCだったのです。実は久々のストリートグライドの「復活」でした。

FLHX ストリートグライド1750 KBCの魅力

「素」のストリートグライドが、ミルウォーキーエイト107とともに復活

2006年の初代デビュー以降、FLHXストリートグライドはハガーカスタムのスタイルで仕上げたツーリングモデルとして人気を博していました。が、2015年、派生兄弟モデルFLHXSストリートグライドスペシャルが登場すると同時に、「素」のストリートグライドは日本未導入となってしまったのです。ちなみに、「スペシャル」はフロントに19インチ径タイヤ(「素」は18インチ)を装着し、装備類もよりレベルアップされた状態。これはこれで魅力のある車種でしたが、本来のストリートグライドファンからは落胆の声も。

そうした声が、アメリカ本国にも届いたのでしょう。ミルウォーキーエイト107登場した翌年、2018年モデルから、「素」のストリートグライドが日本向けに復活。これこそがFLHXストリートグライド1750 KBCだったのです。ミルウォーキーエイト107搭載という点もさることながら、日本向けとして待望の復活でもあったというのが、人気をより高める要素だったのです。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?