FLSTF ファットボーイ1690 BXV(2016年式)

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ハーレーダビッドソン【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » FLSTF ファットボーイ1690 BXV(2016年式)
  

Harley-Davidson

FLSTF ファットボーイ1690 BXV

1690ccツインカム103Bエンジンを新たに搭載
FLSTF ファットボーイ1690 BXVの買取相場と査定レポート

ソフテイルファミリーとしてはもとより、ハーレー全体のなかでも、威風堂々とした迫力あるスタイルで人気を博しているファットボーイの2016年モデルがFLSTF ファットボーイ1690 BXVになります。そんな同車種の買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

FLSTF ファットボーイ1690 BXVを査定してもらいました!

高額査定がついたFLSTF ファットボーイ1690 BXVの画像はコレだ!

harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例

高額査定がついたFLSTF ファットボーイ1690 BXVの画像はコレだ!

harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
買取車情報
年式 2016年
走行距離 9,600km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 ETC
査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、カバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サスインナーカバー傷小、ステム錆、ハンドル錆小、ホイール錆小
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、スイングアーム傷小、ホイール錆小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー錆小、エキパイ錆小、ウインカー傷
フレーム
5
ダウンチューブ傷小、ステップ傷・錆
そのほか
-
鍵2本、目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、カバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サスインナーカバー傷小、ステム錆、ハンドル錆小、ホイール錆小
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、スイングアーム傷小、ホイール錆小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆、ウインカー傷・錆
フレーム 5
ダウンチューブ傷小、ステップ傷・錆
そのほか -
鍵2本、目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

条件が違ったらFLSTF ファットボーイ1690 BXVの査定額はどう変わる?

サドルバッグや灯火類等オプションあり プラス10,000円~30,000円
社外マフラー、エアクリーナー換装 プラス20,000円~50,000円
転倒による傷や劣化箇所が目立つ車輛 マイナス50,000円~
サドルバッグや灯火類等オプションあり
プラス10,000円~30,000円
社外マフラー、エアクリーナー換装
プラス20,000円~50,000円
転倒による傷や劣化箇所が目立つ車輛
マイナス50,000円~

FLSTF ファットボーイ1690 BXVのカスタム事例

harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例

FLSTF ファットボーイ1690 BXVのカスタム事例

harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例
harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv 買取査定事例

ライダーライターTよりひとこと

こちらは2016年式のFLSTF ファットボーイ1690 BXV。ファットボーイならではの個性や存在感はそのままに、新たに1690ccツインカム103Bエンジンを搭載した初年度モデル。ベロシティーレッドサングロのボディーカラーにも目を惹かれますね。

気になる買取相場は1,300,000~1,560,000円。この個体に提示された買取査定は1,400,000円だったとのこと。細かな錆や傷などはそれなりにあるものの、目立つような大きなダメージはなく、概ねきれいな状態。ETC付きで鍵も2本付属とのことで、この査定金額が提示されたそうです。

なお、サドルバッグや灯火類などのオプション装着でプラス10,000円~30,000円程度。社外製マフラーやエアクリーナー換装がなされていればプラス20,000円~50,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

FLSTF ファットボーイ1690 BXVとは

harleydavidson_flstf_fatboy1690_bxv
FLSTF ファットボーイ1690 BXVのスペック情報
総排気量 1,689cc
最高出力 非公表
最大トルク 122 N・m/2,750rpm
全長・全高・シート高 2,385mm/1,115mm/690mm(加重時)
重量 333kg
燃料タンク容量 18.9L
燃料消費率 17.9km/L
発売年 2015年
メーカー希望小売価格 2,227,000~2,340,000円
カラー ビビッドブラック、チャコールパール、ベロシティーレッドサングロ他

FLSTF ファットボーイ1690 BXVの歴史

新たに1690ccツインカム103Bエンジンを搭載

FLSTF ファットボーイ1690 BXVは2016年モデルとして登場。前年までの1,584ccツインカム96 Bエンジンに代わり、新たに1690ccツインカム103Bエンジンが搭載されたというのが、最大の特徴となっています。

一方で、ファットボーイならではのアイデンティティーと言ってよい、迫力ある大型燃料タンクや、極太カバー付きのフロントフォーク、ディッシュタイプのホイール、トレッド幅200のワイドリヤタイヤといった個性は、しっかりと踏襲されています。

FLSTF ファットボーイ1690 BXVの魅力

ファットボーイらしさはそのままに、進化を積み重ね

ハーレーがお好きな方、詳しい方には改めてご説明するまでもなく、ファットボーイは1990年の初代誕生以来、ソフテイルファミリーとしてはもちろん、ハーレー全体のなかでも屈指の存在感を放っており、高い人気を博し続けています。前述しました、ファットボーイならではの個性や存在感といったものを、普遍的に継続しているというのが、その人気要因と言えるでしょう。

その一方で、実はファットボーイは30年以上の歴史のなかで、随時最新化も図られています。例えばエンジンは初代の1340ccエボリューションから、ツインカム88B、ツインカム96B、1690cc、ツインカム103へと進化。ちなみに2018年には1,745 ccミルウォーキーエイトに更新。さらにはキャブレターからフューエルインジェクションへの換装、タイヤの18インチ径化、ABS装着なども時代の節目ごとに実施されています。ファットボーイはまさに、伝統を守りながら、進化も重ねているのです。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?