XG750A ストリートロッド(2018年式)

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ハーレーダビッドソン【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » XG750A ストリートロッド(2018年式)
  

ハーレーダビッドソン

XG750A ストリートロッド(2018年式)

アーバンスタイルにカスタムされた750cc水冷ハーレー
XG750A ストリートロッドの気になる買取相場や実際の査定額は?

若年層向けの身近なストリートモデルとして登場した750cc水冷エンジン搭載モデルをベースに、アーバンスタイルのカスタムを施した兄弟モデルがXG750Aストリートロッドになります。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

XG750A ストリートロッドを査定してもらいました!

高額査定がついたXG750A ストリートロッドの画像はコレだ!

harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例

高額査定がついたXG750A ストリートロッドの画像はコレだ!

harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
買取車情報
年式 2018年
走行距離 7,800km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
5
エンジンカバー傷、オイル漏れ下小、ラジエターフィン凹み小、エアクリーナー傷
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
フォークアウター傷、インナー錆小、ステム傷錆、ホイール傷
外装(外装パーツの状態)
5
アッパー傷、サイド傷小、タンク傷小多、テール傷小、スクリーン傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、スイングアーム傷、ホイール傷
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
ウインカー傷小、ライト傷小、ミラー傷錆、マフラー傷小、エキパイ傷錆
フレーム
5
フレーム錆、ダウンチューブ傷錆、ステップ傷、スタンド傷錆
そのほか
-
メインキー2本、使用感有り、傷錆有るが目立つものなく綺麗な車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
エンジンカバー傷、オイル漏れ下小、ラジエターフィン凹み小、エアクリーナー傷
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
フォークアウター傷、インナー錆小、ステム傷錆、ホイール傷
外装(外装パーツの状態) 5
アッパー傷、サイド傷小、タンク傷小多、テール傷小、スクリーン傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、スイングアーム傷、ホイール傷
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
ウインカー傷小、ライト傷小、ミラー傷錆、マフラー傷小、エキパイ傷錆
フレーム 5
フレーム錆、ダウンチューブ傷錆、ステップ傷、スタンド傷錆
そのほか -
メインキー2本、使用感有り、傷錆有るが目立つものなく綺麗な車輛

※点数は10点満点です

条件が違ったらXG750A ストリートロッドの査定額はどう変わる?

ETC付 プラス10,000円
ナビ、ドラレコ取付 プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー保管 プラス20,000円~40,000円
ETC付
プラス10,000円
ナビ、ドラレコ取付
プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー保管
プラス20,000円~40,000円

XG750A ストリートロッドのカスタム事例

harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例

XG750A ストリートロッドのカスタム事例

harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例
harleydavidson_xg750a_streetrod_2018 買取査定事例

ライダーライターTよりひとこと

2018年式のXG750Aストリートロッド。2015年に登場していたXG75ストリート750をベースに、倒立フォークやダブルディスクブレーキ、リザーバータンク付きリアサスが奢られたメーカーカスタムですね。

の個体に対する買取査定としては、それなりに使用感があり小さな傷や錆は見られるものの目立つ大きなダメージはない綺麗な車輛と評価されたそうです。なおETC装置の装着でプラス10,000円。ナビやドラレコ取付ならプラス10,000円~30,000円程度。社外製マフラー装着かつ純正マフラー保管でプラス20,000円~40,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

XG750A ストリートロッドとは

XG750A ストリートロッド

XG750A ストリートロッドのスペック情報

型式 2BL-XCG
総排気量 749cc
最高出力 非公表
最大トルク 65Nm/4,000rpm
全長・全高・シート高 2,130mm/1,145mm /765mm
重量 238kg
エンジン 水冷4ストロークOHC4バルブV型2気筒
燃料タンク容量 13.1L
燃料消費率 18.9km/L
発売年 2017年
メーカー希望小売価格 1,070,000円~
カラー ビビッドブラック、チャコールデニム他

XG750A ストリートロッドの歴史

ストリート750に、アーバンスタイルカスタムを慣行

XG750Aストリートロッド.は2017年に登場。2015年にデビューしていたXG75ストリート750をベースとした派生兄弟モデルになります。XG75の大きな特徴は何と言っても、新設計の水冷750ccのSOHC4バルブエンジンを搭載し、若年層向けに身近な価格設定を行ったモデルであること。

そんなXG750をベースに、倒立式フロントフォークやフロントダブルディスクブレーキ、リザーバータンク付きリアサスなどを追加装備し、ミラーもグリップエンドタイプも換装。アーバンスタイルカスタムが施されているのが、このXG750Aストリートロッドなのです。

XG750A ストリートロッドの魅力

街での扱いやすさにこだわった、身近なハーレー

XG750Aストリートロッドは、ベースとなったXG75ストリート750とともに、都市部を軽快に移動するためのモデルというコンセプトで開発されたモデルになります。また35歳以下の若いライダーをメインのターゲットとしており、スポーツスターよりもさらに身近な価格設定としているのも、大きな注目ポイント。

ハーレーらしさはしっかりと保持しながら、日本製のネイキッドモデルに近い、扱いやすさや使い勝手のよさを実現しているのは、まさにハーレーの新たな可能性を切り拓くために試行錯誤を重ねたものと察せられます。これまで価格面でハーレーを断念していた層に門戸を開いたという点でも、意義のあったモデルですね。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?