バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ホンダ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » CB400SB-4

HONDA

CB400SB-4

ボルドール(金杯)の名にふさわしいモデル 買取相場&リアル査定レポート
買取相場&リアル査定レポート

ホンダのビックワンといったらCB400SB-4。堂々たるデザインと重量感は圧巻の一言です。見た目からは想像できない軽快な走りで幅広いユーザーから人気を集めています。そんなCB400SB-4の買取相場を調査。実際の査定額や評価もまとめました。

買取相場

630,000~
780,000円

をバイクワンで査定してもらいました!

買取車情報
年式 平成28年
走行距離 1500km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

650,000

※2019年3月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
6
セル一発始動、異音等もなく回転の上がり方もスムーズ
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
ホイール小傷有り、ディスクローター減り小、タイヤ山8分
外装(外装パーツの状態)
5
タンク使用傷、アッパーカウルにタッチアップ跡有り
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
6
サス小錆、ディスクローター減り小、タイヤ山7-8分
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
サイレンサー傷凹み有り、エキパイ錆
フレーム
5
ダウンチューブ傷、ステップ傷
そのほか
-
ワンオーナー、室内保管車輌、立ちゴケによる傷有り

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 6
セル一発始動、異音等もなく回転の上がり方もスムーズ
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
ホイール小傷有り、ディスクローター減り小、タイヤ山8分
外装(外装パーツの状態) 5
タンク使用傷、アッパーカウルにタッチアップ跡有り
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 6
サス小錆、ディスクローター減り小、タイヤ山7-8分
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
サイレンサー傷凹み有り、エキパイ錆
フレーム 5
ダウンチューブ傷、ステップ傷
そのほか -
ワンオーナー、室内保管車輌、立ちゴケによる傷有り

※点数は10点満点です

査定額【650000円】がついたCB400SB-4の画像はコレだ!

CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4

条件が違うとCB400SB-4の査定額はどう変わる?

ETC付 プラス10,000円
社外スクリーン、グリップヒーター等のオプション有り プラス20,000~30,000円
社外フルエキ装着、純正マフラー有り プラス20,000~50,000円
傷、錆無し プラス30,000円
ETC付
プラス10,000円
社外スクリーン、グリップヒーター等のオプション有り
プラス20,000~30,000円
社外フルエキ装着、純正マフラー有り
プラス20,000~50,000円
傷、錆無し
プラス30,000円

CB400SB-4のカスタム事例

CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4
CB400SB-4

編集部からひとこと

ボルドールの名がつくように、高速巡航時の安定感と長距離走行の快適性に優れた一台です。洗練されたボディは、シャープでありながらも力強さを感じられる造りとなっており、幅広い世代から愛されています。カウル仕様で、サイズ感もやや大きめ。大型車と比較しても引けを取らない存在感が魅力です。

クラッチレバーにやや重さがあるため、女性が乗りこなすのは難しいかもしれませんが、男性なら乗りがいのある車種として一度は走行してみたいと思うことでしょう。エンジンを支えるバルブ制御システムには、「HYPER VTEC Revo」を採用。回転数に応じて2バルブと4バルブを切り替えることにより、力強いトルク特性と巡航走行時の燃費性能を両立させています。

そんなCB400SB-4の買い取り相場は、630,000~780,000円となっており、今回査定を依頼した車輛の買取査定額は650,000円でした。走行距離も1,500kmと少なく、エンジン・外観共に大きな問題もなく良好だったため、この査定額となっています。社外フルエキ装着、純正マフラー有りの場合だと、プラス20,000~50,000円の値がつくこともあるので、純正装備も大事に保管しておくことをおすすめします。

CB400SB-4とは

CB400SB-4

CB400SB-4のスペック情報

型式 2BL-NC42
エンジン形式 水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒/NC42E
総排気量 399cccc
最高出力 41kW(56PS)/11,000rpm
最大トルク 39N・m(4.0kgf・m)/9,500rpm
全長・全高・シート高 2,080mm・1,160mm・755mm
重量 206kgkg
燃料タンク容量 18LL
燃料消費率 21.2km/L
発売年 2005年~
メーカー希望小売価格 868,320円~
カラー ダークネスブラックメタリック・キャンディークロモスフィアレッド・アトモスフィアブルーメタリック 他

CB400SB-4の歴史

2005年にデビューし、生まれ変わり続ける

CB400SF(SUPER FOUR・スーパーフォア)をベースに登場したCB400SB(SUPER BOL D'OR・スーパーボルドール)。高速道路での2人乗りが認められ、発売開始。常に新しく生まれ変わり2019年が最新のモデルです。

2005年の初代は、HYPER VTEC SPEC3エンジンを搭載。高密度ウレタン素材を使ったシートに、フロントフォークへの無段階調整式プリロードアジャスター機能を備えていました。2006年のマイナーチェンジではイグニッションコイルをさらに大きくし、前後にスモーククリアタイプのウインカーを採用。その後、2007年に2代目が登場。エンジンは新設計のHYPER VTEC Revoに生まれ変わり、スイングアームやフレームの改良、サイレンサーがパワフルになりました。 2014年には、エクステリアデザインをはじめ車体がさらに進化。フロントやテールカウルなどのデザインがリニューアルし、LEDヘッドライトを採用したことにより、全体的にクールですっきりとした見た目になりました。また、2019年モデルでは新色のアトモスフィアブルーが登場。ABSのみのモデルがなくなり、Eパッケージを追加したタイプのみ販売されています。

CB400SB-4の魅力

洗練されたデザインと試行錯誤されたエンジン

ホンダPROJECTBIG-1の最高峰CB1300の流れを感じるCB400SBシリーズ。戦隊ヒーローのような堂々とした見た目がカッコいいだけに、人気も納得です。重量感ある見た目とは裏腹に、走らせれば爽快かつなめらかなに地面の上を走り抜ける感触が好まれています。新モデルの登場の裏では、何度もマイナーチェンジが繰り返され、パワーアップしてきました。ホンダのビックバイクの中でも洗練された不動のバイクです。

エンジンは進化しつづけ、直列4気筒エンジンを搭載。ベテランライダーも「隙が無い」と称賛するほどの性能です。長距離を走行する上での快適さを追求して作られたCB400SB-4。何より、高速で走り続けている時の安定感が魅力です。心地良く風を感じつつも、思う存分に走行を楽しめるでしょう。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。