バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ホンダ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » CRF250ラリー

HONDA

CRF250ラリー

左右非対称の2眼ヘッドライトと大きな風防が魅力的なバイク
買取相場&リアル査定レポート

ヘッドライトと大きな風防によって重厚感のあるCRF250ラリー。低速でも力強いトルクがあり、オフロード以外でも楽しく走れるバイクです。そんなCRF250ラリーの買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!

買取相場

470,000円~
550,000円

CRF250ラリーをバイクワンで査定してもらいました!

CRF250ラリー
買取車情報
年式 平成29年
走行距離 6,400km
状態(外観) 良好、全体的に汚れ・小傷有り
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

480,000

※2018年12月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
6
セルで一発始動、異音小、吹け上がり問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サスインナー錆小、ホイール傷小・塗装剝がれ小、タイヤ山7分
外装(外装パーツの状態)
5
スクリーンくもり、シュラウド傷小、フェンダー傷、シート汚れ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆、ヒートガード傷
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆、ヒートガード傷
フレーム
5
ダウンチューブ傷・塗装剝がれ有り、ストッパー凹み小、ステップ傷・錆
そのほか
-
立ちゴケによりステップやフェンダーに目立つ傷、足回りに錆有り

※点数は10点満点です

エンジン 6
セルで一発始動、異音小、吹け上がり問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サスインナー錆小、ホイール傷小・塗装剝がれ小、タイヤ山7分
外装(外装パーツの状態) 5
スクリーンくもり、シュラウド傷小、フェンダー傷、シート汚れ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆、ヒートガード傷
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆、ヒートガード傷
フレーム 5
ダウンチューブ傷・塗装剝がれ有り、ストッパー凹み小、ステップ傷・錆
そのほか -
立ちゴケによりステップやフェンダーに目立つ傷、足回りに錆有り

※点数は10点満点です

査定額【480,000円】がついたCRF250ラリーの画像はコレだ!

CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー

条件が違うとCRF250ラリーの査定額はどう変わる?

グリップヒーターやシート等オプション有り プラス10,000円~20,000円
社外フルエキ装着、純正マフラー有り プラス20,000円~50,000円
傷、錆等一切無し プラス30,000円
グリップヒーターやシート等オプション有り
プラス10,000円~20,000円
社外フルエキ装着、純正マフラー有り
プラス20,000円~50,000円
傷、錆等一切無し
プラス30,000円

CRF250ラリーのカスタム事例

CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー
CRF250ラリー

編集者からひとこと

こちらは平成29年式のCRF250ラリーです。一般的なオフロードバイクと比べると重厚感のあるヘッドライトとアンダーカウルが魅力的なバイク。左右非対称のヘッドライトと大きな風防があることで存在感が増し、個性的でカッコ良いですね。CRF250ラリーは前後に専用のサスペンションを装着しているので悪路でも難なく走行可能。低速でも力強いトルクで走れるエンジンを搭載しているのでゆったりとツーリングを楽しめます。

そんなCRF250ラリーの買取相場は470,000円~550,000円。そして、こちらの車輛の買取査定額は480,000円となっています。外観は全体的な汚れや小さな傷がありますが、高年式かつエンジンの状態が良いので、比較的高く評価されています。しかし、エキパイやサスペンションにサビがあり、立ちごけによる傷があるため、多少マイナスになっているようです。

仮に、グリップヒーターやシートなどのオプションがあれば、プラス10,000~20,000円ほど査定額がアップしたでしょう。他にも社外品のモリワキやヨシムラといった高級メーカーのマフラーを装着でも20,000~50,000円ほど査定額アップが期待できます。

CRF250ラリーとは

CRF250ラリー

CRF250ラリーのスペック情報

型式 2BK-MD44
エンジン形式 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量 249cc
最高出力 18kW [234PS]/8,500rpm
最大トルク 23N[2.3m[kgf・m]]/6,750rpm
全長・全高・シート高 2,210mm/1,425mm/895mm
重量 155kg
燃料タンク容量 7.8L
燃料消費率 44.3km/L(60km/h)
発売年 2017年
メーカー希望小売価格 648,000円 (2017年式)
カラー エクストリームレッド 他

CRF250ラリーの歴史

モデル車輛がモーターサイクルショーで高く評価された車種

2013年のダカール・ラリー参戦に向けて製造されたCRF250ラリー。兄弟車にあたるCRF450ラリーをイメージして作られたバイクです。2015年の大阪・東京モーターサイクルショーでコンセプトモデルとして出店した際に、参加者から高評価を得て市販化プロジェクトが動きだしました。2016年のミラノショーでプロトタイプが出展し、2017年に国内向け仕様のCRF250ラリーが市販化されたのです。

エンジンには、CBR250R・MC41E型の水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンと、燃料を無駄なく消費できるデバイスが搭載され、1リットルあたり約44kmと燃費に優れています。フロントは大型風防付きの左右非対称の2眼LEDヘッドライトになっており、個性的でカッコいいデザインのバイクです。一般道路以外にも荒れた道の走行を考慮し、前後のサスペンションにはCRF250ラリー専用品を装備。悪路でも自由に操れる操作性の高さも魅力のひとつだと言えます。

2017年のスタンダードモデルの販売以降もABS仕様がラインナップ。後輪側のABSは自由にオン・オフを使い分けることが可能です。さらに、ローダウンした車体の「Type LD」もCRF250ラリーのラインナップに加わりました。

CRF250ラリーの魅力

重厚感のあるデザインが魅力的なバイク

市販トレールのCRF250Lをベースモデルに製造されたCRF250ラリー。CRF450ラリーを彷彿させる左右非対称の2眼ヘッドライトやウインドスクリーン、アンダーカウルを装備し、軽快なオフロードバイクとは一味違う重厚感があるバイクです。サスペンションには悪路でも平気で駆け抜けられるロングストロークのサスペンションを採用しており、デコボコの山道でも楽しく走れます。さらに、低回転域でも力強いトルクを発揮する水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンを搭載し、街中でも快適に走行可能です。

しかし、シート高が895mmと一般的なオフロードバイクと比べても高め。さらに、重量があるので跨った際にふらつきやすいです。そのため、身長の低い方にはちょっと扱いづらいかもしれません。

しかし、CRF250ラリーにはシート高を830mmまでローダウンした「Type LD」があります。Type LDは足つき性が良いだけではなく、重量も軽めなので取り回しやすいというのも特徴です。立ちごけが不安という方にはCRF250ラリーType LDがおすすめですよ。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。