バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ホンダ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » NS400R

HONDA

NS400R

レアな2ストV型3気筒エンジンを搭載!
買取相場&リアル査定レポート

2ストエンジンならではの加速力がありながら、ピーキーな性質を持たないNS400R。希少価値が高くロスマンズカラーは人気があります。そんなNS400Rの買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!

買取相場

310,000円~
510,000円

NS400Rをバイクワンで査定してもらいました!

NS400R
買取車情報
年式 昭和61年
走行距離 25,600km
状態(外観) 各所傷・錆・色褪せ有り
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

400,000

※2018年12月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
3
可動、異音、オイル漏れ箇所有り、傷・錆多数
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
3
サス錆、ステムベアリングつぶれ
外装(外装パーツの状態)
3
シート加工、カウル傷・割れ・欠け有り、スクリーンくもり・変色
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆・オイル漏れ抜け、ディスクローター減り、タイヤ硬化要交換
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
マフラー傷・錆・変色箇所有り、電装系問題無し
フレーム
3
錆多数、ストッパー凹み、変色
そのほか
-
ロスマンズカラー、各所傷・錆、消耗部品に劣化有り

※点数は10点満点です

エンジン 3
可動、異音、オイル漏れ箇所有り、傷・錆多数
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 3
サス錆、ステムベアリングつぶれ
外装(外装パーツの状態) 3
シート加工、カウル傷・割れ・欠け有り、スクリーンくもり・変色
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 3
サス錆・オイル漏れ抜け、ディスクローター減り、タイヤ硬化要交換
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
マフラー傷・錆・変色箇所有り、電装系問題無し
フレーム 3
錆多数、ストッパー凹み、変色
そのほか -
ロスマンズカラー、各所傷・錆、消耗部品に劣化有り

※点数は10点満点です

査定額【400,000円】がついたNS400Rの画像はコレだ!

NS400R
NS400R
NS400R
NS400R
NS400R
NS400R
NS400R
NS400R
NS400R
NS400R

条件が違うとNS400Rの査定額はどう変わる?

社外バックステップやリアサス等オプション有り プラス10,000円~20,000円
傷・錆無し、レストア済 プラス30,000円~100,000円
社外バックステップやリアサス等オプション有り
プラス10,000円~20,000円
傷・錆無し、レストア済
プラス30,000円~100,000円

編集者からひとこと

こちらは昭和61(西暦1986)年式のNS400R。NS400Rの人気の火付け役となった最終モデルのロスマンズカラーの車輛ですね。市販車輛としては珍しい2ストV型3気筒エンジンを搭載しており、2ストエンジンならではの加速力と取り扱いやすさが魅力的なバイク。

そんなNS400Rの買取相場は310,000円~510,000円です。こちらの車輛の場合は、買取査定額が400,000円となっています。各所に傷やサビ、色あせのある外観で、走行力は長め。タイヤの劣化やオイル漏れといった不具合があるのですが、エンジンがまだまだ現役の車輛なので、買取相場でも中間の査定額となったのでしょう。

仮に、社外品のバックステップやリアサスなどのオプションが装備されていた場合は、査定額に10,000~20,000円プラスになる可能性が高くなります。室内保管によって傷やサビがなければ、最低額に大きく影響したでしょう。また、オイル漏れしているエンジンをレストアしていた場合は、30,000~100,000円ほどの査定額アップが期待できます。

NS400Rとは

NS400R

NS400Rのスペック情報

型式 -
エンジン形式 水冷2ストローク・ピストンリードバルブV型3気筒
総排気量 387cc
最高出力 59PS/8500rpm
最大トルク 5.1kg-m/8000rpm
全長・全高・シート高 2,025mm/1,125mm/-
重量 183kg
燃料タンク容量 22L
燃料消費率 -
発売年 1984年
メーカー希望小売価格 629,000円
カラー -

NS400Rの歴史

レーサーレプリカとして短い期間だけ販売されたバイク

1984年に海外向けに販売開始したNS400R。WGP500で世界チャンピオンになったNS500のレプリカモデルとして登場しました。日本の免許制度の関係で500ccのエンジンではなく400ccのエンジンを搭載しています。エンジンは2スト水冷V型3気筒と珍しく、3連フラットバルブ・スラントキャブやアルミ一体成型のNSシリンダー、電子制御排気デバイスなどを採用。車体には専用設計の角型フレームやリモートアジャスター付きのプロリンクサスペンションなどが装備され、豪勢な造りとなっています。

1985年には59馬力とパワフルなエンジンが搭載された国内向けが登場しました。そのため、当時の他400ccのバイクと比べてみてもライディング性能は申し分ありません。販売開始当初のNS400は、今ひとつ人気が出なかったのですが、1986年にGPレーサーのカラーリングを彷彿とさせるロスマンズカラーのモデルが登場してから、たくさんのライダーの憧れとなりました。しかし、2ストエンジンの衰退とともに、後継モデルが開発されなかったので、短い歴史の幕を閉じたのです。

NS400Rの魅力

珍しい2スト3気筒エンジンによって扱いやすくて加速力がある

モトGPで活躍するレーシングバイク譲りの軽量な3気筒エンジンやアルミフレームを採用したNS400R。車体の軽量性を最大限に引き出すために、アンチノーズダイブサスペンションやフロントに16インチタイヤ、電動化制御されたATACなど、当時の最先端技術が盛り込まれています。トップクラスの速度を出せる車種ではないのですが、最高速度までの到達時間が短く、2ストエンジンならではの鋭い加速が特徴です。

NS400Rは3気筒エンジンを搭載しているので、エンジン音とマフラーからの音が独特。3気筒エンジンの車種は数が少ないので、希少価値が高めです。また、2ストエンジンですが、排気量に余裕がありピーキーではありません。そのため、2スト4気筒エンジンの車種よりは扱いやすく、4ストのエンジンよりは加速力があります。今時のバイクと比べると燃費が悪く、リヤタイヤが細めですが、珍しく希少価値が高くて古い車種なので、旧車好きにはたまらないバイクだと言えるでしょう。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。