PCX125 JF56の買取相場を調査!リアルな査定結果は?

バイクの買取相場カタログ

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ホンダ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » PCX125 JF56

HONDA

PCX125 JF56

原付二種のイメージを変えたHONDAのPCXがフルモデルチェンジして誕生
買取相場&リアル査定レポート

機能性が強化され、スタイリッシュな外観にフルモデルチェンジしたPCX125。変化し続けるPCXシリーズの中で、型式JF56の査定額をリポート!

買取相場

180,000円~
230,000円

PCX125 JF56をバイクワンで査定してもらいました!

pcx125 jf56
買取車情報
年式 2017年
走行距離 5,400km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

210,000

※2019年3月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、カバー傷小、異音無くアイドリングや吹け上がりも問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール汚れ小、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態)
5
カウル傷小、フェンダー傷小、シート色褪せ小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール汚れ小、タイヤ減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー錆小、エキパイ錆小、電装系問題無し
フレーム
5
ストッパー傷小
そのほか
-
キー2本、取説有り、目立つ傷少なくきれいな車輌

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、カバー傷小、異音無くアイドリングや吹け上がりも問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール汚れ小、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態) 5
カウル傷小、フェンダー傷小、シート色褪せ小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール汚れ小、タイヤ減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー錆小、エキパイ錆小、電装系問題無し
フレーム 5
ストッパー傷小
そのほか -
キー2本、取説有り、目立つ傷少なくきれいな車輌

※点数は10点満点です

査定額【円】がついたPCX125 JF56の画像はコレだ!

pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56

条件が違うとの査定額はどう変わる?

社外スクリーン、グリップヒーター等装着 プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー保管 プラス10,000円~30,000円
転倒により傷が目立つ車輌 マイナス20,000円~
社外スクリーン、グリップヒーター等装着
プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー保管
プラス10,000円~30,000円
転倒により傷が目立つ車輌
マイナス20,000円~

PCX125 JF56のカスタム事例

pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56
pcx125 jf56

編集部からひとこと

2017年式の美しいキャンディーローディーレッドですね。査定額は買取相場の範囲内という結果に。評価点は5点と平均的ではありますが、高評価と言えるのではないでしょうか。ほとんど傷がなく状態が良かったようですが、転倒によりできた傷が評価を下げてしまったようです。事故歴はなくても、目立つ傷の有無は査定額を大きく左右します。傷でマイナス20,000円~の評価がなく、純正マフラーを保管していたら、相場以上の査定額が出ていたでしょう。

PCX125 JF56とは

pcx125 jf56

PCX125 JF56のスペック情報

型式 JF56
エンジン形式 水冷4ストローク・単気筒OHC
総排気量 124cc
最高出力 12ps(8.6kw)/8500rpm
最大トルク 1.2kg・m(12N・m)/5000rpm
全長・全高・シート高 1,930mm /1,100mm /740mm
重量 130kg
燃料タンク容量 8L
燃料消費率 53.7 km/L ( 60 km/h走行時)
発売年 2014
メーカー希望小売価格 305,000
カラー パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック 他

PCX125 JF56の歴史

機能性と価格で人気に火が付いたモデル

PCXは2010年3月にデビュー。それまで人気を博していたビッグスクーターよりもコンパクトなボディ、かつ価格が285,000円と手に届きやすい設定で一気にヒット車種になりました。水冷4ストローク単気筒エンジン、アイドリングストップ、セルフスターター式エンジン始動などの充実した機能性を実現。ゆったりとした乗車姿勢を実現したのも魅力のひとつです。2012年にはPCX150が登場し、何度もフルモデルチェンジを繰り返しているHONDAの人気車種です。

PCX125 JF56の魅力

初のフルモデルチェンジで機能性も美しさもアップ

PCXシリーズの中で、2014年に初めてフルモデルチェンジし誕生したのがJF56型。ヘッドライト、ポジションランプなど全灯にLEDを採用し「原付のライトは暗くて当たり前」イメージを覆しました。燃料タンク容量の大型化し、それに伴い航続距離が429kmを突破。見た目も更にスタイリッシュになり、艶やかなカラーで高級感のあるボディへと進化しています。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。