バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » インディアン【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » FTR1200 Carbon

インディアン

FTR1200 Carbon

話題のトラッカーレプリカに特別装備を施した上位モデル
FTR1200 Carbonの買取相場&リアル査定レポート

ブランド復活を遂げたインディアンが、公道向けダートトラックレーサーレプリカとして発売し、一躍人気モデルの座を獲得。その上位モデルにカーボン外装などの特別装備を施したのがFTR1200 Carbonになります。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

FTR1200 Carbonを査定してもらいました!

高額査定がついたFTR1200 Carbonの画像はコレだ!

indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例

高額査定がついたFTR1200 Carbonの画像はコレだ!

indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
indian_ftr1200_carbon 買取査定事例
買取車情報
年式 2020年
走行距離 2,600km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
5
カバー傷小、ラジエーターカバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
スステム傷小、ハンドル傷小、サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、スイングアーム傷小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム
5
メインフレーム傷小、ステップ傷小
そのほか
-
ワンオーナー、取説あり、使用感・傷・錆等少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
カバー傷小、ラジエーターカバー傷小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
スステム傷小、ハンドル傷小、サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、スイングアーム傷小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小、電装系特に問題無し
フレーム 5
メインフレーム傷小、ステップ傷小
そのほか -
ワンオーナー、取説あり、使用感・傷・錆等少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

条件が違ったらFTR1200 Carbonの査定額はどう変わる?

シングルシートカウルやタンクカバー等オプションあり プラス10,000円~30,000円
社外マフラー換装、純正保管あり プラス20,000円~40,000円
転倒によりダメージがみられる車輛 マイナス50,000円~
シングルシートカウルやタンクカバー等オプションあり
プラス10,000円~30,000円
社外マフラー換装、純正保管あり
プラス20,000円~40,000円
転倒によりダメージがみられる車輛
マイナス50,000円~

ライダーライターTよりひとこと

こちらは2020年式のFTR1200 Carbon。復活したインディアンがダートトラックレースで活躍しているという噂は聞いていましたが、その公道向けレプリカであり、特別な外装でレーシングマシン的な雰囲気をより高めているのが良いですね。

この個体に対する買取査定としては、ワンオーナーで取扱説明書も付属、傷や錆、使用感も少ないきれいな車輛と評価されたそうです。

なお、シングルシートカウルやタンクカバーなどの装着でプラス10,000円~20,000円程度。社外製マフラーへの換装かつ純正マフラー保管でプラス20,000円~40,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

FTR1200 Carbonとは

FTR1200 Carbon

FTR1200 Carbonのスペック情報

型式 RTR25
総排気量 1,203cc
最高出力 93kW(124.7PS)/8,250rrpm
最大トルク 120Nm/5,900rpm
全長・全高・シート高 2,286mm/1,297mm/840mm
重量 235kg
エンジン 水冷4ストロークDOHC 4バルブV型2気筒
燃料タンク容量 13L
燃料消費率 25.0km/L
発売年 2020年
メーカー希望小売価格 2,488,000円
カラー カーボンレースレプリカ

FTR1200 Carbonの歴史

スタンダード仕様をベースに、2段階の上位モデル化

FTR1200 Carbonは2020年に登場。大元となったスタンダード仕様のFTR1200が2017年秋のミラノショーに参考出展されると大きな話題となり、2019年に発売開始となったという流れがまずあります。そのスタンダード仕様をベースに、フルアジャスタブルサスペンションやLCDディスプレイ、トラクションコントロールなどを装備した上位モデルとしてFTR1200Sがラインアップされました。

FTR1200Sに、もう一段レベルアップさせた上位モデル化が図られたのが、このFTR1200 Carbonに他なりません。車名の通り、カーボン外装を燃料タンクカバー、エアボックスカバー、ヘッドライトハウジング、フロントフェンダーに採用。そしてマフラーはブラックアウトされたアクラポビッチ製に換装されています。

FTR1200 Carbonの魅力

ダートトラックレーサーレプリカとしての出自を、一層強調

このFTR1200という車種は、インディアンがアメリカ本国でのダートトラックレースにワークスマシンとして投入しているレーシングマシン、FTR750のレプリカマシンとして誕生したというのが生い立ち。そうした出自をより強調するために、まず走行性能をブラッシュアップしたのがFTR1200S。そこからさらに、外観をよりレーシングマシン的にドレスアップしたのがFTR1200 Carbonに他なりません。

FTR1200は登場以来、1200ccエンジン搭載のダートトラックレーサーレプリカという独自性に加え、近年人気のストリートファイター系モデル的な魅力とも相まって、一躍人気車種の座を獲得しました。そんなFTR1200ならではの魅力を、内側からも外側からもよりレベルアップさせたのが、このFTR1200 Carbonなのです。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?