バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » カワサキ【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » Ninja650

KAWASAKI

Ninja650

スポーティーかつ軽快なハンドリングが魅力の車種
買取相場&リアル査定レポート

スポーティー見た目と、楽なポジショニングが魅力的なNinja650。ABSが標準装備され安全面に配慮された走りが特徴の車種です。そんなNINJA650の買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!

買取相場

660,000円~
720,000円

Ninja650をバイクワンで査定してもらいました!

今回査定に出したNinja650の画像はコレだ!

Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
買取車情報
年式 平成30年
走行距離 3,300km
状態(外観) 転倒傷有り
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
5
カバー傷、異音無く吹け上がりやアイドリングともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス傷小、ホイール錆小、ディスクローター錆小
外装(外装パーツの状態)
4
カウル傷・削れ、タンク傷
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール錆小、ディスクローター錆小
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー傷、エキパイ傷・錆小、電装系問題無し
フレーム
4
ストッパー傷・凹み、ステップ傷・削れ
そのほか
-
転倒による傷が目立つが、屋内保管で錆は少ない

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
カバー傷、異音無く吹け上がりやアイドリングともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス傷小、ホイール錆小、ディスクローター錆小
外装(外装パーツの状態) 4
カウル傷・削れ、タンク傷
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール錆小、ディスクローター錆小
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷、エキパイ傷・錆小、電装系問題無し
フレーム 4
ストッパー傷・凹み、ステップ傷・削れ
そのほか -
転倒による傷が目立つが、屋内保管で錆は少ない

※点数は10点満点です

バイクワンの査定額

680,000

※2019年1月時点の相場を鑑みた査定額です

条件が違うとNinja650の査定額はどう変わる?

社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス20,000円~30,000円
傷・錆一切無し プラス30,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス20,000円~30,000円
傷・錆一切無し
プラス30,000円

Ninja650のカスタム事例

Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650
Ninja650

編集部からひとこと

こちらは平成30年式のNinja650。カワサキのミドル排気量のスポーツレプリカ車として人気があるバイクですね。2本出しのマフラーや2眼のヘッドライトによってスポーティーな見た目が特徴的。バーハンドルとなっているので、ハンドルリングがしやすく楽なライディングポジションとなり、快適にツーリングもこなせます。

そんなNinja650の買取相場は660,000円~720,000円です。こちらの車輛の買取査定額は680,000円。エンジンの調子は良く、アイドリングや吹け上がりには問題はありません。屋内保管によってサビが少ないのですが、転倒による外装・ホイール・マフラーなどの傷が目立つため、こちらの査定額が提示されています。

仮に、転倒歴がなく傷やサビが一切なければ、査定額から30,000円がプラスされたでしょう。また、モリワキやヨシムラといった社外品の高級なマフラーパーツがカスタマイズされると査定額からプラス20,000~30,000円のアップが期待できます。

Ninja650とは

Ninja650

Ninja650のスペック情報

型式 2BL-ER650H
エンジン形式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC4バルブ
総排気量 649cc
最高出力 50kW(68PS)/8,000rpm
最大トルク 65N・m(6.6kgf・m)/6,500rpm
全長・全高・シート高 2,055mm/1,135mm/790mm
重量 193kg
燃料タンク容量 15L
燃料消費率 32.1km/L
発売年 2012年
メーカー希望小売価格 807,840円円
カラー メタリックスパークブラック 他

Ninja650の歴史

逆輸入したミドル排気量クラスのNinjaシリーズ

2012年に海外で登場したNinja650。すでにヨーロッパ向けに登場していたER-6f・Ninja650Rがフルモデルチェンジされ、よりスポーティーな見た目へと進化したのがNinja650です。見た目だけではなくエンジンやフレームなどもグレードアップ。2013年と2014年、2016年にはカラーチェンジが行なわれています。そして、2017年にフルモデルチェンジが行なわれ、国内仕様のNinja650が発売開始しました。海外向けに製造されていたNinja650と同じ並列2気筒エンジンを搭載していますが、フレームやメーターは異なります。ETC車載器キットが標準で装備され、メーターはギアポジションが表示される仕様に。同年の5月には、カワサキのレーシングチームであるKRTのカラーリングレプリカのNinja 650 ABS KRT Editionが発売されました。さらに、同年8月にカラーチェンジを実施。この年から車名表記からABSの文字が消え、10月にはKRT EditionにもABSが標準装備されています。

ちなみにフィリピンではNinja650が白バイに採用されているそうです。

Ninja650の魅力

スポーティーな見た目と鋭い加速力が特徴的

軽自動車並みの排気量を持つNinja 650は、スポーティーな見た目と相まって軽快な走りが楽しめます。軽量かつスリムなシャーシに低中回転域でも力強さを発揮できる並列2気筒エンジンを搭載しており、鋭い加速力が持ち味のバイクです。力強い加速力だけではなく、レスポンスの良いエンジン特性なのも魅力のひとつ。扱いやすいエンジンなので、普段使いからレースやツーリングまでさまざまなシーンで快適な走りを楽しめるでしょう。同排気量の車種に比べると車体が軽めなため、初心者や腕力に自信がない方におすすめです。

また、前車のNinja650Rからタンク構造も変更されているのでハンドルが切りやすくなり、楽に取り回しができるようになりました。他に最新のモデルは先代のフルデジタルのタコメーターからアナログのタコメーターへ変更されています。針の動きを追いながらシフトチェンジしたい方に向いている仕様ですね。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。