バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » カワサキ【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » W400

KAWASAKI

W400

レトロな雰囲気が魅力!
W400の買取相場と査定レポート

W400は、W650を400ccモデルとして販売したマシン。古きよきクラシックなデザインが最大の魅力といえます。近年Wシリーズの市場での評価が上がっているため、買取価格が気になる人も多いはず。市場での相場価格と、買取店での査定額を調査してみました。

買取相場

380,000~
470,000円

W400をバイクワンで査定してもらいました!

今回査定に出したW400の画像はコレだ!

w400_1
w400_2
w400_3
w400_s_1
w400_s_2
w400_s_3

今回査定に出したW400の画像はコレだ!

w400_1
w400_2
w400_3
w400_1
w400_2
w400_3
買取車情報
年式 2006年
走行距離 3,500km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
4
錆、キャブ錆、カバー傷、異音無く機能面問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り小・ヒビ
外装(外装パーツの状態)
5
タンク色褪せ小、シートヘタリ小、フェンダー傷・錆
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り小・ヒビ
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー錆、エキパイ錆、電装系問題無し
フレーム
5
ストッパー傷、ステップ傷
そのほか
-
ワンオーナー、鍵2本、傷は少ないが経年により錆が目立つ車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 4
錆、キャブ錆、カバー傷、異音無く機能面問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り小・ヒビ
外装(外装パーツの状態) 5
タンク色褪せ小、シートヘタリ小、フェンダー傷・錆
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り小・ヒビ
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー錆、エキパイ錆、電装系問題無し
フレーム 5
ストッパー傷、ステップ傷
そのほか -
ワンオーナー、鍵2本、傷は少ないが経年により錆が目立つ車輛

※点数は10点満点です

バイクワンの査定額

420,000

※2019年8月時点の相場を鑑みた査定額です

条件が違ったらW400の査定額はどう変わる?

メーターバイザーやグリップヒーター等オプション有り プラス10,000~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス20,000~50,000円
放置により劣化が目立つ車輛 マイナス30,000円~
メーターバイザーやグリップヒーター等オプション有り
プラス10,000~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス20,000~50,000円
放置により劣化が目立つ車輛
マイナス30,000円~

W400のカスタム事例

w400_cus1
w400_cus2
w400_cus3
w400_cus4
w400_cus5
w400_cus6
w400_s_cus1
w400_s_cus2
w400_s_cus3
w400_s_cus4
w400_s_cus5
w400_s_cus6

W400のカスタム事例

w400_cus1
w400_cus2
w400_cus3
w400_cus4
w400_cus5
w400_cus6
w400_cus1
w400_cus2
w400_cus3
w400_cus4
w400_cus5
w400_cus6

編集部よりひとこと

こちらは2006年式のW400。いわゆる「ダブヨン」といわれるバイクですね。Z1をモチーフとしたW650の400ccモデル。レトロなデザインと足つきの良さから、スタンダードに売れ続けたモデルといえます。

そんなW400の買取価格は420,000円。市場での平均価格は380,000~470,000円。平均値は425,000円ですので、市場買取価格のほぼ中間といえる価格がつけられました。経年による錆や劣化が見られるものの、エンジンの状態に問題はなく、ワンオーナーで傷も少ないことが評価につながったのかもしれません。

もし社外の高級なマフラーがつけられていた場合、最大で50,000円アップしていたそうです。純正だと排気音が静かなので、サウンドに物足りなさを感じカスタムを施す人も多いはず。買取前はカスタムパーツを外さず、まずは買取店に見せておくことをおすすめします。

W400とは

w400_top

W400のスペック情報

総排気量 399cc
最高出力 29ps/7,500rpm
最大トルク 3Kg-m/6,000rpm
全長・全高・シート高 2,175mm/1,115mm/765mm
重量 193kg
燃料タンク容量 14L
燃料消費率 35km/L(60km/h走行時)
発売年 2006年
メーカー希望小売価格 628,950円(税込)
カラー キャンディファイアレッド、エボニー

W400の歴史

W650を女性ライダー向けに改良した「ネオ・レトロモデル」

W400は、1999年に発売され好評となったW650の400ccモデル。W650といえば、ベベルギア駆動のバーチカルツインエンジンの採用や、クランクケース、オイルパンなどの部品にいたるまでノスタルジックな美しさこだわったマシン。発売当時はエントリーユーザーの開拓に貢献し、さらに女性ライダーにも好まれるモデルとなりました。

しかしW650は大型であるため、小柄な女性ライダーだと取り回しが難しいという問題がありました。そこで女性ライダーにも扱いやすい400ccモデル、W400が開発されたのです。車体のデザインはW650からそのまま継承。ハンドルサイズとシート、前後サスのストローク量の改良により、乗りやすさを重視したコンパクトモデルへと生まれ変わったのです。

W400の魅力

気楽なツーリングに向いているレトロなバイク

W400の魅力は足つきや取り回しの良さといった、乗りやすさ。W650よりもコンパクトになった車体は取り回しが良好で、さらに重心が低く設定されているため、ワインディングでも安定して走行ができます。足つきも良好なので、小柄な女性でも立ちごけのような心配もなく扱えるでしょう。走行性に関してはやや低速トルクが弱く、発進時に遅く感じられることも。しかしパワーハンドを維持しながらシフトを上げていけば、高回転域にまでエンジンが回り、スポーティーな走りを楽しむこともできるでしょう。

バーチカルツインによる鼓動感も魅力。トコトコと低速でのツーリングを楽しみたいという人に向いているマシンといえます。レトロなデザインと相まって、乗れば乗るほど愛着が湧いてくる味のあるバイク。それがW400なのです。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。