バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » カワサキ【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » Z250

KAWASAKI

Z250

新しいネイキッドスタイルとして誕生したZシリーズ
買取相場&リアル査定レポート

Z1000やZ800の弟分にあたるZ250。Ninja250がベースとなっている車種でスポーツティーな走りが得意なバイクです。そんなZ250の買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!

買取相場

370,000円~
450,000円

Z250をバイクワンで査定してもらいました!

Z250
買取車情報
年式 平成26年
走行距離 6,700km
状態(外観) 転倒による傷、足回りに錆が目立つ
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

380,000

※2019年1月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
4
錆、カバー傷、異音無く吹け上がりやアイドリングともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス傷小・錆小、ホイール傷小
外装(外装パーツの状態)
4
タンク傷・凹み小、サイドカウル傷・削れ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール傷小・錆、チェーン錆
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
サイレンサー傷・削れ、ヒートガード傷・削れ、エキパイ錆
フレーム
4
ストッパー傷・凹み、ステップ傷・削れ
そのほか
-
転倒による傷・削れと保管による錆・腐食が目立つ車輌

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 4
錆、カバー傷、異音無く吹け上がりやアイドリングともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス傷小・錆小、ホイール傷小
外装(外装パーツの状態) 4
タンク傷・凹み小、サイドカウル傷・削れ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール傷小・錆、チェーン錆
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
サイレンサー傷・削れ、ヒートガード傷・削れ、エキパイ錆
フレーム 4
ストッパー傷・凹み、ステップ傷・削れ
そのほか -
転倒による傷・削れと保管による錆・腐食が目立つ車輌

※点数は10点満点です

査定額【380,000円】がついたZ250の画像はコレだ!

Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250

条件が違うとZ250の査定額はどう変わる?

社外スクリーンやステップ等オプション有り プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス20,000円~50,000円
傷・錆一切無し プラス30,000円~
社外スクリーンやステップ等オプション有り
プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス20,000円~50,000円
傷・錆一切無し
プラス30,000円~

Z250のカスタム事例

Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250
Z250

編集部からひとこと

こちらは平成26年式のZ250。カワサキの250ccクラスのネイキッドバイクとして人気がある車種ですね。Ninja 250をベースに製造されている車種で、スポーツティーな乗り心地が特徴的。さらに、Ninja250のセパレートハンドルとは異なってバーハンドルを装備しているので、ライディングポジションが楽でハンドルリングがしやすいのも魅力です。

そんなZ250の買取相場は370,000円~450,000円です。こちらの車輛の買取査定額は380,000円。エンジンの調子は良く、アイドリングや吹け上がりには問題はありませんが、転倒による外装・ホイール・マフラーなどの傷が目立ちます。さらに、サビや腐食が目立つため、こちらの査定額が提示されました。

もしも、転倒歴がなく傷やサビが一切なければ、査定額から30,000円がプラスされたでしょう。他にも社外品の高級なマフラーパーツを装備していた場合、査定額からプラス20,000~50,000円のアップとなり、スクリーンやステップなどがカスタマイズされていた場合はプラス10,000~20,000円アップが期待できます。

Z250とは

Z250

Z250のスペック情報

型式 2BK-EX250P
エンジン形式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC4バルブ
総排気量 248cc
最高出力 27kW(37PS)/12,500rpm
最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)/10,500rpm
全長・全高・シート高 1,990mm/1,060mm/795mm
重量 164kg
燃料タンク容量 14L
燃料消費率 37.0km/L(60km/h)
発売年 2013年
メーカー希望小売価格 597,240円
カラー キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック 他

Z250の歴史

Ninjaをベースに誕生したネイキッド・スポーツスタイルの車種

2013年に公式サイトで突如発表され、瞬く間に販売が開始したZ250。すでに販売されていたZ1000やZ800シリーズの兄弟車にあたるネイキッド・スポーツスタイルのバイクです。レーサーレプリカとして2012年に登場していた2代目Ninja250をベースに開発されており、昔のZシリーズのようなレトロモデルではなく、スポーティーさを売りにしたスタイルとなっています。250ccクラスのZシリーズの始まりは1979年に発売されたネイキッドモデルZ250FT。その後GPZやZZRなどの250ccクラスのバイクへと変化し、最終的に現行モデルのZとして生まれ変わりました。カワサキモータースジャパンが海外仕様より先に国内仕様の車種の販売を発表したのは、最近のZシリーズの中でZ250がはじめての車種となります。

2014年には2トーンの配色を取り入れたカラーリングの車輛が登場。さらに同年には、ヘッドライトが1灯式でスリムな車体になったZ250SLが海外向けの車輛として誕生しています。2015年にはZ250にABSとアシスト&スリッパークラッチを搭載した車輛が発売され、同時に新たなカラーリングも登場しました。

Z250の魅力

ネイキッドだけどスポーツレプリカのような走りができる!

Z250は、バランサーを内蔵した180°クランクの水冷直列2気筒エンジンを搭載しています。スロットル操作に対するレスポンスが良く、スムーズに回転数が上がるので、気持ち良くスロットルを回せるのが特徴です。最高出力が11,000回転、最大トルクが8,500回転となっていますが、低速でもトルクがあるので街中でも楽に乗りこなせます。さらに、スムーズにギアチェンジができるので、自動車に負けない加速力も魅力のひとつ。独自のスタイリングと優れたパフォーマンス性を持っているため、初心者から上級者まで幅広い層のユーザーが満足できるモデルだと言えるでしょう。

また、リアが上がっているのでシートが高く見えますが、身長170cmの方であれば両足がべったりとつくほどの足つきの良さです。さらに、バーハンドルを装備して楽なライディングポジションとなっているため、ツーリングで腕が疲れにくくなっています。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。