バイク好きでも知らない買取の新常識【バイクワン監修】

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイクマニアも意外に知らない 買取の知識・新常識

バイクマニアも意外に知らない

買取の知識・新常識

バイクに詳しい人でも、実は知らないことが多いバイクを買取ってもらう際のアレコレ。例えば、カスタム車は高く売れないと思い込んでいたり、どこに売っても買取価格はあまり変わらない…と思っていたりしませんか? そんなバイク買取の基礎知識をおさらいしましょう。

ここが買取価格の分かれ道!評価のしかたを動画で紹介

バイクの買取業者はどんなポイントをチェックして査定価格を出しているのでしょうか。書類、外装からエンジン、計器類、フロントまわり、リアまわり、フレームや燃料タンクなど、どんなところをどんな判断基準でチェックしているのか、実際に行われるバイクの査定、評価の方法を流れに沿って細かくご紹介。

買取してもらえる条件・してもらえない条件

買取ってもらえないバイクとはどんなバイクなのでしょう? 不動車・故障車、事故車・水没車・炎上車・スクラップ、違法改造車、車検切れ・ナンバープレートなし、未成年・ローン未完済などのバイクの買取可否や、可能な場合の条件、また実際の事故車の買取事例なども紹介。さらに高く買取ってもらうためのコツも解説します。

業者によって買取額に差がある理由

同じバイクでも買取業者によって買取価格に差があります。それはなぜなのでしょう。 買取額の基準となるオークション相場の話、オークションだけに頼らない業者の場合、買取額にどう影響するのか、また買取価格が低くなってしまう業者とはどんな業者なのか。本サイト監修のバイクワンのケースも含めて解説します。

元運営者が語る!一括査定サイトは利用すべきか

今ではすっかり当たり前になったバイク買取の一括査定サービス。一度に複数の業者からの査定情報を得られる便利なサービスです。でも、ちょっと待ってください。そのサービスにデメリットはないのでしょうか? 元一括査定サイト運営担当者が、運営経験にもとづいてサービスを利用する上での注意点を指摘します。

どこまで買取ってもらえる?
この改造でトクする人、ソンする人

愛車を自分好みに改造(カスタム)していくのは、バイク好きにはたまらない幸せ。とはいえ、いざ売却する際に買取価格に響くのは仕方ないか…と諦めている方も多いでしょう。 ここでは、「こんな改造でもいいの?」という高値がつく改造と、これは買取額が安くなってしまうかも…という改造の例を実際のカスタム画像とともに紹介します。

バイクの買取と下取りはどう違うのか?

バイクを手放そうと考えた時、愛車を買取専門業者などで売却するべきか、それともバイクの販売店へ下取りに出すべきか、バイクに詳しい人でも必ず正解を出せるとは限りません。そこで、まずはバイクの買取と下取りの違いを理解して、自分にとってどちらが適しているのか考えるためのヒントにしていきましょう。

買取専門業者と販売店のどちらにバイクを売るべき?

バイクの買取を専門的に扱っているバイク買取専門業者と、中古バイクの下取りやバイクの店頭販売などを行っている販売店では、中古バイクの査定を行うにしてもそれぞれに基準や特徴があります。バイクの売却先を選ぶためのポイントとして、買取専門業者と販売店の違いや仕組みをしっかりと理解しておきましょう。

バイク買取でもクーリングオフで契約無効を訴えられる?

買取業者へバイクを引き取ってもらったものの、買取価格に納得していなかったり、強引に押し切られてバイクを売ってしまったりした場合、クーリングオフによって買取契約を無効化することが可能です。悪徳業者に騙されないためにも、まずはクーリングオフの仕組みや対象となる条件について確認しておきましょう。

車検の切れたバイクでも高く買い取ってもらえる?

バイクの売却を考える時、車検が切れているからと心配する人は少なくないようです。しかし、実際は車検が残っているか切れているかはそこまで買取価格に影響しません。ただし、車検切れバイクで公道を走ると道交法違反となるため、販売店へ持って行くより、買取業者に自宅まで取りに来てもらうことがおすすめです。

バイクを売却したときの税金について

バイクを所有する場合、必ず課せられるのが税金です。ただし、なんとなくは理解しているつもりでも、詳細までは深く把握していないという方が多いのではないでしょうか。バイクを売却する際に必要な知識として、ぜひ理解を深めておいてください。まずは、バイクに関する税金についておさらいしておきましょう。バイクを所有する際に課せられる税金には、「自動車重量税」と「軽自動車税」があります。

自動車重量税とは

125cc以下のバイクには課税されず、126~250ccのバイクの場合は新車購入時に4,900円を支払い、中古車として購入した場合には支払い不要です。251cc以上のバイクの場合には新車購入時に加え、毎回の車検時に支払う仕組みです。金額はバイクの年式によって異なり、初年度登録から12年以内だと3,800円、初年度登録から13年以上で4,600円、初年度登録から18年以上になると5,000円になります。

軽自動車税とは

毎年4月1日時点でのバイク所有者(名義人)に課せられる、居住地の市区町村に納める税金です。排気量によって金額は異なり、90cc未満が2,000円、90cc~125cc未満は2,400円、125cc~250cc未満は3,600円、250cc以上は6,000円となります。

バイクを売却した後に税金が加算されるのはなぜ?

買取業者への売却の場合でも、バイク販売店への下取りでも、このケースは起こり得えます。端的に言えば、バイクを手放したのが4月1日以前か、それ以降かによって変わってきます。上記でご説明しています通り、バイクの軽自動車税は毎年、4月1日時点での所有者に課せられ、5月頃に納付を促す通知が届きます。例えば、4月の前半から半ば頃にバイクを売却して、名義変更などの手続きを完了していても、4月1日時点の所有者であった方に、軽自動車税が課せられてしまうのです。

バイクを売却すべきタイミング

率直に言えば、バイクを手放すことを決めたら、直ちに行動に移すというのがよいでしょう。とりわけ前述しました通り、4月1日をまたぐかどうかが、重要なタイミングとなります。3月末までに売却およびそれに伴う各種手続きが完了していれば、新年度の軽自動車税を支払わずに済むのです。

ただし注意すべき点として、買取を依頼する業者にとっても、3月末というのは年度末の繁忙期であるということを考慮しなければなりません。もちろん良心的な業者であれば、この点を考慮して手続きを行ってくれるはずです。

しかし、例えば3月末になって慌てて売却しようとしても、手続きが間に合わないということも十分に起こり得ます。繰り返しになりますが、バイクを売却するならなるべく早めに、特に3月に入っているのなら、可能な限り日数に余裕をもってというのが、注意すべきポイントになります。

なお、税金とは別の話になりますが、251cc以上のバイクの場合、車検の残り期間が多ければ多い程、買取査定がより高額となる期待が持てます。車検の残り期間が多い程、中古車として販売するにあたって、より売れやすくなるためです。この点でも「バイクの売却は、思い立ったら直ちに」という法則が当てはまります。

バイクを廃車にしたら税金は還付されるのか

「軽自動車税」はNo、「自動車重量税」に関してはYesということになります。繰り返しています通り、軽自動車税は4月1日時点の所有者が、居住地の市区町村に納める税金ですが、年度の途中でバイクを売却しても納入済みの軽自動車税の一部が返金されることはありません。ですので、これまた繰り返しています通り、バイクを手放すなら、4月1日までに手続きを完了すべきなのです。

一方、251cc以上のバイクに課せられる自動車重量税の場合、自分で廃車手続きを行うのであれば、支払い済の月額分がどの程度残っているかによって返金(還付)が行われます。ただしその金額は月あたり150円程度。また、ご自分で廃車手続きをするのではなく、買取業者への売却の場合は、還付金は戻りません。買取業者が、自動車重量税の残り分を視野に入れ、買取査定を提示してくれます。

バイクを売却したことで、新たに税金が発生する場合がある!?

非常に稀でめったにあるケースではありませんが、可能性がゼロという訳ではありません。それは、バイクを購入した金額よりも高い値段で売却したという場合。その分の儲けが売却益と見なされ、50万円以上の利益が出てしまうと課税対象となります。

ただし、通常個人が自家用車として所有していた車両を売却する場合、ほとんどは非課税対象となります。それこそプレミア価値がついている希少価値のあるモデルを投機目的で売却した・・・というケースでない限り、さほど気にする必要はないでしょう。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。

【管理人について】