バイクのベストな売り方について気になる選択肢を比べてみました

バイクの買取相場カタログ

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイクマニアも意外に知らない 買取の知識・新常識 » バイクを売りたい人の気になるアレコレ、比べてみました

バイクを売りたい人の
気になるアレコレ、比べてみました

下取りと買取、結局どっちが得?

下取りと買取にはそれぞれにメリットとデメリットがあり、一概にどちらがいいとは言い切れません。それぞれの特徴を理解した上で、ご自身の場合はどちらがよいのかを見極めることが大切です。

下取りとは簡単に言えば、バイクを買い換える際、次のバイクを購入する店でそれまでのバイクを引き取ってもらうやり方。その代金は、次に購入するバイクの価格から相殺されるというのが一般的。ただし買取に比べ、価格は低めとなる傾向があります。

対して買取は、専門業者にバイクを売却する方法。業者を自由に選ぶことができ、一番よい条件を提示してくれた業者を選ぶということもできます。また下取りよりも金額は高めになる傾向があります。なお、下取りの場合は次のバイクの納車日まで元のバイクに乗ることができますが、買取は契約の時点で車両が引き取られるという違いもあります。

例えば、どうしても欲しいバイクが有り、買取業者を呼んでどうこうというめんどくさい手続きをしたくない場合は、下取りの選択でも良いと思います。

一方、売却金額を重要視している方、カスタム車、不人気車、不動車・事故車の場合は買取の方がお勧めです。繰り返しになりますが、ご自分にはどちらの方がよいのかを、的確に判断することが賢明です。

下取り

メリット
  • 販売店が自社在庫で欠品している場合は買取よりも高い場合がある
  • 次のバイクが納車されるまで下取車に乗っていられる
  • 販売・売却の2種類の契約手続きを同時に進められる
デメリット
  • 地域性、専門性、得意不得意で価格差が出る場合が多い
  • 売却相場を予想し、限界の査定額が出ずらい、安全圏の査定額を提示する事が多い
  • カスタム車、不人気車、事故車、不動車の場合、査定額が安定しない

買取

メリット
  • 売却相場を予想し、限界の査定額を出すことが得意
  • 地域相場では無く、全国平均的な査定額を提示する事が出来る
  • 自宅で出張査定が可能。手続きも即日終了する
  • カスタム車、不人気車、事故車、不動車の場合でも、得意な売却先を選定し安定的な査定額を提示できる
デメリット
  • すぐに引き渡すことが原則で、次のバイクが納車されるまでバイクに乗れない期間が生じる
  • 乗り換え希望の場合は、販売店・バイクを探さなくてはいけない

買取専門業者と販売店、どう違うの?

こちらも下取りと買取の場合と同じく、どちらがよりご自身のケースに適しているかを判断することが大切です。

買取専門業者の場合、「業者によって買取額に差がある理由」のページでも述べています通り、基本的にはバイク中古車業者が利用する専門オークションへの出品となり、その相場価格を元に買取価格が決定されます。買取を希望されるバイクの車種、年式、走行距離による相場が、その時点でどうなっているかが鍵となっています。

一方、販売店の場合、そのお店の持つ販売力やネットワーク次第では、買取専門店よりも高値が期待できる場合があります。ただし、その逆という場合もありえます。重要なのは、その販売店の「強み」はどこなのかという点。例えば、特定の車種の専門店であるとか、その販売店で不足しているバイクである等の条件に合致するならば、より高値が期待できるでしょう。

逆に、その販売店の「弱み」として、激安販売店等の場合は、その販売店での同車種販売価格以上での下取りはあり得ませんし、外車ディーラーで国産下取り、又は国産ディーラーで外車下取り等、不得意な車種であった場合は買取の方が高いことがあるようです。

「下取りに出す」のか「買取業者に売る」のかを決めるのと同様に、「買取専門業者」と「販売店」のどちらに売るのがよいかは、ご自分のケースにとってより適している売却先を的確に判断することが大切です。

販売店

対応地区 全国 地域密着
売却先 主に店頭販売 主に店頭販売
査定価格 店頭販売が前提の査定価格 車種により得意・不得意あり

買取店

対応地区 全国 地域密着
売却先 店頭販売・業販・オークションから選択 主にオークション
査定価格 車種により得意な売却先を選別し査定額を提示 オークション相場以上の査定額は難しい

車検直前、通してから売る?通さないで売る?

結論から先に申してしまいましょう。車検の残り期間が少ない、あるいは車検の切れているバイクの買取査定は、車検を通したバイクと比べ、さほど大きな差にならないのです。バイクユーザーの立場から見れば意外に思われるかもしれませんが、これが現実なのです。

すなわち、買取依頼したいバイクが車検切れ間近、あるいは既に切れているといった場合でも、わざわざ車検を通してから買取を依頼するということは、まったくもって、する必要はありません。
むしろ、車検を通したことでアップする査定額よりも、車検に必要となる費用が高くつくという場合がほとんどです。この点は、バイクの買取依頼を希望される方に、あまり知られていないようですので、しっかりと踏まえておいてください。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。