走行距離が買取額に与える影響

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイクマニアも意外に知らない 買取の知識・新常識 » 走行距離が買取額に与える影響

走行距離が買取額に与える影響

走行距離は少ない方が高値になりやすい、ただし…

例えば同じメーカーの同じ車種、同じ年式、同じカラーという2台があり、片方は走行距離5,000km以下、もう片方は走行距離30,000km以上という場合、どちらがより高値で買取してもらえるかは、ご説明するまでもなく、前者になります。一般論として、バイク買取においては、走行距離はより少ない方が高値になりやすいという傾向があります。ある意味、皆さんの想像している通りといった感じでしょう。

そしてこのオークションにはその時々の「相場価格」が常に更新されています。車種、年式、走行距離、カスタムなどの要素によって、どれだけの値がついたかが、はっきりとデータとして存在しているのです。

その一方で、バイクの買取価格というものは、「走行距離の多い少ない」という要素だけで決まるものではないというのもまた真実です。例えばホンダのCB750FOURやカワサキのZ1/Z2、スズキGSX11000Sカタナといったレジェンドバイクの場合、走行距離が多かったとしても、よほどコンデションが悪くないかぎりは、プレミア価値が付加され高額買取となる場合がほとんどです。

走行距離はあくまでも、買取価格を決める要素のひとつであり、その他の様々な要素も影響するということを、今一度踏まえておいてください。

買取査定において、大きな境目となるのは30,000km

とは言え、バイクの買取査定において、走行距離はかならずチェックされるポイントです。業者によって区切りの数値は異なる場合もありますが、例えばバイクワンの場合は、次のような区分けがなされています。

  • 0~5,000km
  • 5,001~15,000km
  • 15,001~30,000km
  • 30,001km以上

実際の傾向として、走行距離30,000km以下という条件のなかでの走行距離の多い少ないは、査定金額に大きな影響を与えるとのこと。逆に、走行距離が走行距離30,000km以上となった場合は、走行距離が多くなっても、さほど買取査定額に影響を及ぼすということは、あまりなくなるそうです。この点もしっかりと、踏まえておきましょう。

初年度登録から2~3年、走行10,000km以下は、高額査定の期待大

バイクの中古車市場においては全体的な傾向として、コンデションの良さがより重視されるというのがあります。価格が安くてもコンデションが悪いと「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」と思われてしまいがち。逆に高年式で走行距離が少ない個体は、新車で買うよりお値打ち感が高いと好まれる傾向が高いのだとか。そのため、買取においても、高額査定が期待できるのだそうです。

排気量が大きい車種ほど、走行距離の影響は小さくなる傾向

極端な例を挙げますと、50ccの原付スクーターとリッタークラスの大型バイクの場合、同じ走行50,000kmだったとしても、原付の場合はマイナス査定となる度合いが高くなり、大型の場合はより少ないという傾向があります。

理由としては、同じ距離を走るのでも、排気量が小さいほどエンジンにかかる負担は大きくなり、逆に排気量が大きいほどエンジンの消耗は少なくて済むという考え方によるものです。ちなみにこれは自動車の場合でも、660ccの軽自動車と2000cc以上の3ナンバークラスで違ってくるといった感じで、まったく同じ傾向があるそうです。

ただしこれもあくまで一般的な傾向。逆に同じ1,000ccであったとしても、ツーリングユースとサーキット走行メインではエンジンのコンデションは変わってきますので、最終的には、その個体の状態にかかってきます。

メーター交換や巻き戻しは絶対にNG

バイク買取業者の査定担当者という方々は、その道のプロです。実際の走行距離よりも少なく見せようと偽造しても、そんなものはたちまち見抜かれてしまうのがオチです。もちろん悪印象を与え、逆に査定が辛くなること間違いなしです。

なお、何らかの事情があってメーターの交換をしたという場合には、その事実をしっかり伝えましょう。黙ったままだと、上記のような理由で、実際の査定より下げられてしまうことにもなりかねません。この点もしっかり踏まえておいてください。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?