バイク買取業者ごとに査定額の違いがある理由とは

バイクの買取相場カタログ

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイクマニアも意外に知らない 買取の知識・新常識 » 業者によって買取額に差がある理由

業者によって買取額に差がある理由

バイク買取には、オークション相場というものがある

まずは根本的なこととして、バイク買取業者によって引き取られた車両はどのようになるのかについて、述べていきましょう。バイク買取業者の多く、とりわけ買取を専門としていて、自社で中古車両の販売を行なっていない場合は、オートバイ業者が利用する専門オークションに出品し、そこでの売却益を会社としての利益としています。

そしてこのオークションにはその時々の「相場価格」が常に更新されています。車種、年式、走行距離、カスタムなどの要素によって、どれだけの値がついたかが、はっきりとデータとして存在しているのです。

バイク買取業者の多くは、その最新データを元に、買取車両がオークションでどれくらいの金額で売れるかを予測し、その金額から自社の利益分を差し引いた金額を買取額として提示するのです。例えば売却相場が60万円、利益を5万円とした場合、55万円が査定額として提示されるという仕組みです。

オークションだけに頼らない買取業者も

上記の通り、バイク買取業者の多くは、オートバイ業者専用オークションに出品するというやり方をしていますが、それだけに頼らない買取業者も存在しています。例えば、中古車販売も自社で行なっているという業者や、中古車販売業者との提携を結んでいるといった業者です。

そうした業者であれば、前述のオークション相場に頼らない買取価格の提示が可能になるため、より高額な査定が期待できます。とりわけ、希少価値や人気のある車種、カスタムがふんだんに施されている車種などであれば、そうした付加価値をプラス査定に反映させてもらいやすいというメリットもあります。

逆に、買取価格が低くなってしまう業者とは?

一方で、特定のバイクに知識やノウハウが偏っていたり、販売ルートが特定のバイクのみしか確立されていないという買取業者も存在しています。そうしたところは、自社が得意としている以外の車種については、相場やカスタムなどに関する知識も薄いため、利益を得にくくなり、ひいては買取提示額が低くなるといった傾向があります。

例えば、ヴィンテージのハーレーを得意としている、カワサキのZ1/Z2のスペシャリストといった買取業者に、他の車種の買取を依頼しても、低い提示額となってしまう可能性が大です。

本サイト監修「バイクワン」の買取価格は?

バイクワンでは、前述したオークション相場に加え、業者間取引相場や中古バイク流通相場などをフル活用し、独自のバイク買取情報を随時データ更新。それを元に「適正」な買取価格を提示する方針を徹底しているとのこと。同社ホームページでは、誰でも利用できるオンライン自動査定システムが実装されていますが、その正確性は、業界関係者からも高く評価されているほどです。

さらにバイクワンではバイクパーツの買取にも対応しており、カスタムに関する知識も豊富。カスタムバイクでなおかつノーマルパーツも揃っているという場合には、より高価な買取査定が期待できるのだとか。

そのほか、高価買取を実現するために、広告宣伝費をカット、そのほかの経費や中間マージンなども徹底して削減しているのだそうです。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。