買取ってもらえないバイク、買い取ってもらえるバイク

バイクの買取相場カタログ

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイクマニアも意外に知らない 買取の知識・新常識 » 買取してもらえる条件・してもらえない条件

買取してもらえる条件・してもらえない条件

ここでは、バイク買取を依頼する際に、利用者として気になる、買取ってもらえないバイクとはどんな種類や状態のものかについて、いくつかのケースごとに解説していきたいと思います。

こんなバイクは買い取ってもらえるのか、その相場は?

不動車・故障車

よほどひどい状態でなければ買取可能

不動車や故障車の場合、例えばボディが腐食してしまってボロボロという場合はさすがに無理ですが、故障箇所を直せば走れるという状態であれば、十分に買取価格が付きます。また部品交換によって生き返る場合や、逆にいわゆる部品取りを目的に買い取ってもらえるというケースもあります。

ただし、前述のようにボディがボロボロに腐食していない状態だったとしても、いわゆる不人気車で年式がかなり経過してしまっているといった場合には、値段がつかない、あるいは逆に引き取り費用が発生してしまう場合もあるようです。この点は業者によっても対応が異なりますので、よりよい条件を提示してくれる業者を選びたいところです。

事故車・水没車・炎上車・スクラップ

程度次第で、十分に買取依頼が可能

結論から先に言ってしまいますと、これらのバイクの買取は、ダメージの程度によって大きく左右されます。例えば大きな事故で原形をとどめていない程に大破した、あるいは消火が遅れ原形をととめないほど炎上してしまった…こうした場合は残念ながら、スクラップ扱いとなってしまい、微々たる金額となってしまいます。

一方で、事故車でも例えばダメージがフロント廻りのみでリヤ廻りは無事、あるいはその逆といった場合には、概ね買取してもえます。水没車の場合は、淡水ならばほぼ買い取ってもらえ、海水の場合はよりダメージが大きくなりますが、それでも買取の余地はあるとされています。

いずれにせよ、こうした場合も買取業者によって値段や条件が異なりますので、最もよい査定を提示してくれるところを選びたいところです。

違法改造車

業者の方針や知識、販売ルートなどによる

バイク買取業者のなかでは、ノーマルバイクのみしか対応しないところもありますし、違法改造車の場合は一切対応しない場合や違法改造パーツに関しては全て欠品しているものと考えて査定する業者もあるようです。一方で、例えばノーマルパーツが揃っているならば、買取に対応してくれる可能性は高くなります。また、業者によっては、そうした車両やパーツの販売ルートを確立している場合もあり、買取に門戸を開いています。

いずれにせよ、違法改造車の場合は、事故車や不動車よりも、対応している買取業者がぐっと少なくなるというのが現実です。この点は予め踏まえておいてください。

車検切れ・ナンバープレートなし

買取依頼可能、ただし注意点あり

まず車検切れの場合、ほとんどの業者が買取に対応しています。むしろ車検を通してから買取依頼するということはしない方が賢明。車検切れのままでも買取査定額はさほど差がなく、車検費用分がマイナスになってしまうそうです。また、車検切れバイクを自走して店頭買取に持ち込むのは厳禁です。

ナンバープレートが盗まれてしまったバイクの場合は、最寄りの警察署や交番に被害届と盗難届を出し、「盗難受理番号」というものを発行してもらいましょう。この盗難受理番号があれば、ナンバープレートが盗まれてしまったバイクでも買取してもらえます。

未成年・ローン未完済

どちらも所定の手順を踏めば、買取依頼可能

まず未成年がバイク買取を依頼する場合、保護者の同意書が準備出来れば問題ありません。しかし、未成年者がバイク買取業者と交渉するのであれば、不要なトラブルを避けるため、保護者立ち合いで売却することをお勧めします。

ローン支払い中の場合、車検証・登録書類の所有者が本人名義の場合は問題ありませんが、所有者欄が信販会社やバイクショップの場合は、所有権解除の手続き前にローンの一括精算が必要となります。

まず、ローンの一括精算金額を確認し、現在の残債がいくらなのか?バイク売却の代金で充当できる範囲か?又は不足金が発生するのかどうかを調べてみましょう。バイク買取業者の中では、ローンの一括精算や、所有権解除手続き等を全て代行してくれる業者もありますので、相談してみるのが一番良いかもしれません。

買取事例


2007年式 CB400SF 事故車 
→ (上限)460,000円


走行距離は5,362km。フロントからの追突事故で、フロントフォークやホイールなどが大きく破損。ただし、エンジンや燃料タンクから後部は原形をとどめているという状態で、この値段の買取価格がつきました。


2009年式 GSX-R1000事故車 
→ (上限)840,000円


走行距離は3,233km。転倒した上で滑走し他車に追突。カウルなどの外装はボロボロになり、サスペンションやタンク、マフラーなどにも無数のキズやヘコミがある状態でしたが、車体としての原形はとどめていたので、この値段がついたとのこと。


2010年式 VTR250事故車 
→ (上限)320,000円


走行距離は8,710km。単独転倒により、燃料タンクが大きくヘコみ、ヘッドライトやメーター類が破損、フロントフォークにもヨジレが発生し、フレームにもヘコみが発生。ただしリヤ廻りは原形を保っていたため、買取価格がついたそうです。


2013年式 FXDFダイナファットボブ 事故車 
→ (上限)880,000円


フロントからの追突事故によって、フロントフォークが大きく曲がり、燃料タンクにも大きなキズとヘコみが発生、エンジンのプライマリーケースからもオイル漏れというダメージが大きい状態でしたが、人気のハーレーだけあり、この値段となったそうです。

さらに高く買い取ってもらうために

普段のメンテナンスや、売る時期も重要

例えば普段からマメに洗車やサビ落とし、オイル交換、グリスアップをしている車両であれば、査定額はアップする傾向にあります。ただし、慌てて洗車し、キズをつけてしまうと、逆効果ということもありえます。また保管方法についても、野ざらしの場合と、屋内やキチンとカバーをかけている場合とでは、査定額が変わってきます。

もうひとつ、抑えておきたいポイントは、バイクを売る時期。春から夏にかけては、新生活の始まりや大型連休、夏休みなどによって、中古バイク市場も活性化する時期です。バイク販売店の需要も高まりますので、より高価な買取が期待できます。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。