持ち込みと出張買取の違い

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイクマニアも意外に知らない 買取の知識・新常識 » 持ち込みと出張買取の違い

持ち込み査定と出張買取の違いとは

バイクを買取業者に査定依頼する場合、持ち込み査定と出張買取はどちらがよいのかについて、それぞれのメリットや、注意すべきポイントなどを取りまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。持ち込み査定と出張買取がそれぞれどのようなものであるか、みていきましょう。

持ち込み査定

売却したいバイクを、売り主が自分で買取業者の拠点やバイクショップの店頭に直接に持ち込んで査定を依頼するというやり方になります。例えば出張買取に対応していない、あるいはエリアが限られているといった中小規模の買取業者やバイクショップに買取依頼をするという場合には、てっとり早いやり方と言えるでしょう。

また査定結果に納得できず売却を取りやめたいという場合、出張買取だとわざわざ足を運ばせたのに断るのは申し訳ないという心理が働きがちですが、持ち込みであればそうした影響は少なくなります。また悪質な業者が居座ってなかなか帰らないといった事態も回避することができます。

一方で注意すべき点は、出張でのバイク買取はクーリングオフの対象になるのに対し、持ち込みの場合は一部を除き対象外となること。この点もしっかりと踏まえておきましょう。

出張買取

バイクの買取を依頼したい業者に、自宅や職場、借りているガレージなどに出向いてきてもらい査定を受け、提示金額に納得できたら売却成立。トラックやトランスポーターなどで、そのままバイクが引き取られるという方式になります。

大手業者であれば、沖縄や離島などは例外となる場合もありますが、ほぼ全国対応。中小規模の買取業者やバイクショップでも、所定のエリアであれば対応してくれるというところが多くあります。

仕事や学業などが忙しく、バイクを店頭に持ち込む時間が取れないという場合にはまさにうってつけ。また事故車や不動車など、自走できない状態のバイクを売却したいという場合にも都合のよい方式と言えるでしょう。ひと昔前であれば持ち込みしか方法がないという感じですが、バイク買取業界が成熟している現在では、出張買取を依頼する方の方が大多数を占めています。

なおデメリットとしては、自宅などに見ず知らずの査定スタッフをまねくことに抵抗を感じるという場合には不向き。また金額に不満で売却を断った場合、業者が長時間居座るといった可能性も考えられます。そうした事態を避けるためにも、依頼する業者選びの際は、口コミや評判などをしっかりチェックしておきましょう。

出張買取の流れ/持ち込み査定の流れ

買取業者に出張買取を依頼する場合、当然ながら事前に準備しておくべきことがいくつかあります。もちろん業者選びはその筆頭ですが、ここではその過程は省略。依頼したい業者はすでに決まっていると仮定した話を進めます。

まずは買取を依頼するバイクのチェックとお手入れ。それこそ人間の心理として、汚れたままの車輛とキレイにされている車輛では、コンディションが同じであったとしても、査定に差が出てくる可能性大。洗車はしっかりしてあげましょう。

ただし慌ててやったり、雑に行って新たな傷を発生させてしまったのでは本末転倒。時間にゆとりをもって、じっくり丁寧に行いましょう。一方、カウルのダメージやタンクの凹みなどが発生しているという場合、それらを修復する必要はなし。それらを修繕したことによってプラスになる金額よりも、修繕にかかる費用の方が高くなる場合がほとんどだからです。

またカスタムされているバイクの場合でノーマルパーツが保管してあるならば、それらもキチンと揃えておきましょう。必要書類や印鑑、身分証なども必須です。

その上で、業者に出張買取を依頼し予約。査定当日の作業は業者にもよりますが10分から30分程度で結果を提示してくれるはずです。その金額に納得できたら、売買契約を締結。その場で現金払いあるいは後日振込となります。また、まっとうな業者であれば、名義変更や廃車手続きをきちんと行ったことを知らせてくるはずです。

持ち込み査定の場合、多くの過程は出張買取の場合と共通で、査定スタッフに自宅に来てもらうのではなく、自ら店舗に持ち込むのが大きな違いとなります。なお、持ち込みの場合で売却が成立した場合、帰りの足をどうするかという問題が出てきます。近くに公共交通機関があるのか、送迎は行ってくれるのかといったことも、事前に確認しておきましょう。

持ち込みのほうが高くなりやすいと言われているけれど…?

結論から先に言ってしまいますと、持ち込み査定と出張買取で買取価格に大きな差がつくということはほとんどありません。ネット掲示板などでは持ち込みのほうが高くなりやすいといったことがまことしやかに語られていますが、実際にはそんなことはないというのが現実です。

そうした噂の根拠となっているのは、出張だとスタッフの人件費や移動のための車輛や燃料のコストがかかるため、そうした分が査定額から差し引かれるらしいという内容。しかし、大手の買取業者であれば買取業務を効率化することでそうしたコストを相殺できるので、出張でも持ち込みでも買取価格に差は生まれないとしています。

ただし業者によっては、店頭への持ち込みの場合に査定額アップというキャンペーンを行っている場合もあります。そうした場合であれば、持ち込み査定を選ぶ意義はあると言えます。

状況や交渉のしやすさから適した査定方法を判断する

出張買取と持ち込み査定にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。肝心なのは、それらの要素をしっかり理解した上で、ご自分の状況により適しているのはどちらかという観点で選ぶことです。たとえばご自宅周辺に買取業者の拠点がなく、持ち込みをするには遠方まで行かなくてはならないという場合には、出張買取を選ぶのが賢明です。

逆にZ1やカタナなどのプレミア価値のついているバイクを売却する場合は、それらの車種を専門的に扱っている業者が近所にあるという場合には、持ち込み査定を試しに依頼してみる価値ありと言えるでしょう。そうした要素を事前に検討した上で、査定依頼の方法を選ぶことが大切です。

バイク買取専門業者なら比較的高く買い取ってもらえる

買取でも下取りでも、売却のタイミングや相手先の都合によってバイクの査定額は少なからず変動します。しかし、バイクの買取に特化した買取専門業者であれば、どのようなバイクであっても取り扱えるノウハウが蓄積されており、ミクロな視点でなくマクロな視点でバイクの価値を判断してくれる可能性が高まります。

必ずしもバイク買取専門業者の方が高額査定になるとは限りませんが、自分にとっての最適解を見つけられない場合、一度、信頼できる買取専門業者に査定を依頼してみても良いでしょう。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?