バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » KTM 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » RC250
  

KTM

RC250

日本市場を大いに意識した250ccモデル
RC250の気になる買取相場や実際の査定額は?

KTMが手掛けたミドルクラスのスーパースポーツ。日本市場を大いに意識したモデルとしてラインアップしたのが、250ccのRC250 JYEでした。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

RC250を査定してもらいました!

高額査定がついたRC250の画像はコレだ!

ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例

高額査定がついたRC250の画像はコレだ!

ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
買取車情報
年式 2017年
走行距離 6,800km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、異音無くアイドリングや吹け上がりもスムーズ
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール傷小、タイヤ減り小、外観・機能ともに特に問題なし
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、カウル傷小、外観特に問題なし
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール傷小、タイヤ減り小、外観・機能ともに特に問題なし
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー錆小、エキパイ錆小、電装系特に問題なし
フレーム
5
ストッパー傷小、ステップ傷小
そのほか
-
ワンオーナー、メインキー2本、取説あり、目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、異音無くアイドリングや吹け上がりもスムーズ
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール傷小、タイヤ減り小、外観・機能ともに特に問題なし
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、カウル傷小、外観特に問題なし
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール傷小、タイヤ減り小、外観・機能ともに特に問題なし
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー錆小、エキパイ錆小、電装系特に問題なし
フレーム 5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小、電装系特に問題なし
そのほか -
ワンオーナー、メインキー2本、取説あり、目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

条件が違ったらRC250の査定額はどう変わる?

ETC付 プラス10,000円
社外リヤサスやステップ等カスタム プラス10,000円~30,000円
社外マフラー装着、純正保管あり プラス20,000円~40,000円
ETC付
プラス10,000円
社外リヤサスやステップ等カスタム
プラス10,000円~30,000円
社外マフラー装着、純正保管あり
プラス20,000円~40,000円

RC250のカスタム事例

ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例

RC250のカスタム事例

ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例
ktm_rc250 買取査定事例

ライダーライターTよりひとこと

こちらは2017年式のRC250 JYE。2015年の初登場時はブラックとホワイトを基調にオレンジのアクセントカラーでしたが、この2017年式は、KTMワークスカラーであるオレンジを主体としたカラーになりましたね。まさに「らしさ」全開です。

この個体の査定評価は、細かな傷や錆が多少ある程度、目立つ大きなダメージはなく、きれいな車輛という内容だったそうです。

なお、ETC装置の装着でプラス10,000円、社外製リヤサスやステップス等の装着でプラス10,000円~30,000円程度、社外製マフラーの装着かつ純正マフラー保管でプラス20,000円~40,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

RC250とは

RC250

RC250のスペック情報

型式
総排気量 248.8cc
最高出力 23kW(31PS)/9,000rrpm
最大トルク 24N·m/7,250rpm
全長・全高・シート高 1,995mm /1,099mm /820mm
重量 147kg
エンジン 水冷4ストロークDOHC単気筒
燃料タンク容量 13.4L
燃料消費率
発売年 2015年
メーカー希望小売価格 626,200円(2017年モデル)
カラー オレンジ

RC250の歴史

日本市場を見据えた250ccスポーツモデル

RC250 は2015年に登場。改めて申し上げるまでもなく、この時代、KTMは小排気量クラスのフルカウルスポーツモデルとしてRCシリーズ、ストリートファイター系としてDUKEシリーズをリリーズし、新たなジャンルへの進出を図っていました。

そんななかで、RCシリーズはまず390と125が登場。次いで125の車体をベースに200ccエンジンを搭載した200がお目見え。その上で満を持して、250ccという排気量が大きな意味を持つ日本市場を大きく意識したモデルとして生み出されたのが、他ならぬRC250だったのです。

RC250の魅力

国産250ccスポーツとは明確に異なる乗り味

2015年と言えば、日本国内においても、250ccクラスのフルカウルスポーツモデル人気が復活の兆しを見せていたタイミング。そうしたなかに意気揚々と進出してきたRC250は、それらの国産モデル群よりも、よりスポーティさに重きを置いた、かつてのレーサーレプリカ的な味わいを意識した仕上がりとなっていました。

エンジンに関しては、国産モデルの多くが並列2気筒なのに対し、RC250は単気筒。高回転域での伸びに関してはさすがに2気筒に分がありますが、KTMは独自に、中速粋でのパワーバンドでの心地よさにこだわったセッティングを施すことで、国産2気筒にはない、独自のフィーリングを実現。まさにKTMならではの個性が発揮されています。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?