バイク買取業界注目の最新トピックスを集めました

バイクの買取相場カタログ

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイク買取最新業界ニュース

バイク買取業界 最新ニュース&トピックス

バイク買取最新業界ニュース
【2019年7月号】

2019年7月の二輪新聞に掲載された記事の中から、バイク買取に役立つ情報をピックアップ。新車情報やバイクに関するニュース、イベント情報などをまとめて紹介している。

国内の主要4メーカーのほか、前月と同じく海外メーカーの新型バイクも登場。台数限定モデルや期間限定モデルも登場しているので、バイク業界の動向を把握するためにもチェックしておきたい。

また、8月19日に開催される「8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY」のイベントについても紹介。有名芸能人がゲストで登場するなど、大規模なバイクイベントになっているので、こちらもぜひチェックして欲しい。

バイク買取最新業界ニュース
【2019年6月号】

2019年6月の二輪新聞に掲載された記事の中から、バイク買取に役立つ情報をピックアップ。新車情報やバイクに関するニュース、イベント情報などをまとめて紹介している。

ドゥカティやPGJが発売する新型バイクの情報もお届けしているので、海外バイクの動向を知るためにも、ぜひチェックして欲しい。ヤマハやスズキなど、国内メーカーの人気車種も新型モデルが発売されるため、売却や乗り換えを考えているなら要チェックだ。

その他、軽二輪車届出新制度についても紹介している。バイク乗りにとって嬉しい情報となっているので、こちらも確認しておきたい。

バイク買取最新業界ニュース
【2019年5月号】

2019年5月の二輪新聞に掲載された記事の中から、バイク買取に役立つ情報をピックアップ。新車情報やバイクに関するニュース、イベント情報などをまとめて紹介している。

ホンダ・ヤマハ・スズキといった国内主要メーカーが、人気車種の2019年モデルが続々発表。車体色やデザインの一新から新型装備の採用まで、大小様々な変更が行われている。旧型モデルの売却を考えている場合、買取価格に影響が出る可能性も高いので、特にチェックしておきたい。

また、トライアンフが政府などの支援を受けて、電動二輪車の開発に着手したことも見逃せないニュースだろう。

バイク買取最新業界ニュース
【2019年4月号】

2019年4月の二輪新聞に掲載された記事の中から、バイク買取に役立つ情報をピックアップ。新車情報やバイクに関するニュース、イベント情報などをまとめて紹介している。

国内メーカーはもちろん、ハーレーダビッドソンやドゥカティといった人気の海外メーカーの新車情報も紹介しているので、海外バイクの売却を検討しているなら、ぜひチェックして欲しい。どんなバイクが発売されるのか把握しておけば、売却すべきか判断しやすくなるだろう。

その他、二輪車ETC車載器購入助成キャンペーンについても紹介。ETCの導入を検討しているなら、こちらも要チェックだ。

バイク買取最新業界ニュース
【2019年3月号】

2019年3月の二輪新聞に掲載された記事の中から、バイク買取に役立つ情報をピックアップ。新車情報やバイクに関するニュース、イベント情報などをまとめて紹介している。

特に注目して欲しいのは、東京と大阪で開催されたモーターサイクルショー。どちらも史上最多の来場者数を記録した上、バイクファン以外に家族連れや行楽客も多数来場するなど、大きな盛り上がりを見せている。この状況は、バイクの買取価格にも少なからず影響を及ぼすだろう。

また、新車情報をチェックすることで人気車種や、ユーザーニーズを把握できるので、こちらも合わせてチェックして頂きたい。

バイク買取最新業界ニュース
【2019年2月号】

2019年2月の二輪新聞に掲載された記事の中から見逃せない情報を抜粋。今年で第37回目となった『TOKYO AUTO SALON 2019』の様子をまとめて紹介している。TOKYO AUTO SALON 2019は有名二輪メーカーやカスタムショップが一堂に会する祭典だ。2019年は過去最多の動員数を記録している。『TOKYO AUTO SALON 2019』で展示されたバイクをチェックしておけば、今後需要が高まるバイクの傾向が掴めるだろう。注目されているカスタムパーツの傾向を把握しておけば、手持ちのバイクを売却する際に高額買取してもらえる可能性が高い。

また、2011年11月に生産・販売された国内バイクの台数を排気量別にわかりやすく解説している。次のページでは国内で生産・販売されているバイク台数を洗い出し、前年度の台数と比較して今後の推移を予測した。バイクを売却するタイミングをはかりかねている方にとって、高価買取してもらうための情報のひとつとして役立てば幸いだ。

バイク買取最新業界ニュース
【2019年1月号】

2019年1月の二輪新聞に掲載された記事の中から、バイク買取に役立つ情報をピックアップ。2018年10月に生産・販売された国内バイクの台数を排気量別にわかりやすく解説している。

国内で生産・販売されているバイク台数の推移を排気量別に確認しておけば、おのずと需要のあるバイクの傾向がわかるだろう。反対に、生産台数が減少傾向にあり、販売台数も低下しているバイクは今手離すべきではないかもしれない。高価買取を狙うなら、手持ちのバイクを売りに出す前に時期ごとのデータと推移の傾向を確認しておくことをおすすめする。

また、バイク乗りなら必ず知っておくべき自賠責保険料審議会の動向についてもまとめているので、参考にしてみていただきたい。

煽り対策!? バイク用ドライブレコーダーが売れている!

バイク乗りなら、だれでも一度くらいは、運転中ヒヤリとした経験があるはず。
本来、ドライブレコーダーとは、走行中の状況を映像で記録しておき、交通事故などがおきた際、どのような状況にあったのかを正確に確認する目的で使用される機器だ。
最近「あおり運転」のニュースが後を絶たないことから、バイクに設置する人が急増。理不尽にも、あおり運転のような危険な状況に巻き込まれても、証拠としてしっかりのこせるし、交通事故、当て逃げや、誤認検挙された場合の証拠にもなる。

専門店に出向かなくてもAmazonでも購入でき、自分で簡単に取り付けできる。価格も1万円前後~ピンキリだ。ただし、長時間の撮影に対応できるよう、大容量のMicroSDが必要になるので、その費用も見ておこう。
購入時にチェックしておきたいポイントは以下の通り

  • ● 防水機能・給電機能があるか
  • ● 広範囲の撮影、夜間の撮影が可能か
  • ● 信号機のLEDを撮影できるか
  • ● エンジンをかけていない駐車時でも記録できるか(駐車監視機能)
  • ● GPS機能はついているか

本来の使い方以外でも楽しめる

ツーリングの際など、バイクの前後に装着し、いつもとは違った目線で走行中の景色が楽しめる。
ちょっとした旅の記録にもなる。

なんちゃってドラレコでも効果あり!

ドライブレコーダーが欲しい、でもいますぐには買えない…という場合、ステッカーを貼るだけでも効果があるようだ。

こちらもAmazonですぐ手に入るのでお試しあれ。

国内メーカーにおける2018年11月の小型二輪(251cc~)新車販売台数

国内メーカーにおける2018年11月の小型二輪(251cc~)新車販売台数は4,943台。

ホンダ…674、スズキ…422、ヤマハ…967、カワサキ…1220、その他…1660

前月比では
ホンダ…92.2%、スズキ…111.3%、ヤマハ…104.9%、カワサキ…100.2%、その他…95.2%

前年の同月比では
ホンダ…88.1%、スズキ…155.1%、ヤマハ…137.6%、カワサキ…194.0%、その他…102.8%

カワサキ、スズキ、ヤマハが販売台数を伸ばしている。

※出展:全国軽自動車協会連合会( https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/2small-3278 )

小型二輪全国販売台数ランキング 上位20車種

小型二輪の全国における販売台数の多い20車種をご紹介。(出典:二輪新聞 2018年10月18日付)

メーカー 車種名 販売台数(7月)
 1 位 カワサキ Z900RS/カフェ
(’17~)
  598
 2 位 HD 1200カスタム/ロードスター/
フォーティーエイト(’18)
  273
 3 位 カワサキ Ninja400/KRTエディション
(’18)
  254
 4 位 ホンダ CB400スーパーフォア/
スーパーボルドール(’17~)
  207
 5 位 ヤマハ トレーサーABS/
トレーサー900ABS GT
(’17~)
  151
 6 位 カワサキ Ninja1000/Z1000
(’17~)
  137
 7 位 HD FLDE/FLFB/FLSL/
FXBB/FXBR/FXFB/
FXLR(’18)
  135
 8 位 ヤマハ YZF-R3ABS/
MT-03(’18)
  126
 8 位 カワサキ Ninja650/
Z650(’17~)
  126
10 位 ヤマハ MT-09ABS/
SP ABS(’17~)
  113
11 位 ホンダ 400X/
CBR400R(’16~)
  99
12 位 スズキ SV650ABS(’16~)   98
13 位 HD スーパーロー/アイアン883(’18)   97
14 位 カワサキ NinjaH2SX/SE(’18)   89
15 位 HD ファットボーイ/ヘリテイジクラシック/
ブレイクアウト/ファットボブ114
(’18)
  82
16 位 ヤマハ MT-07ABS(’17~)   80
16 位 ヤマハ SR400(’10~)   80
18 位 HD ロードキング/ストリートグライド/
ロードクライド(’18)
  79
19 位 スズキ GSX-S1000ABS/
F ABS(’17~)
  78
20 位 ホンダ ゴールドウイング/ツアー/
ツアーDCTエアバッグ(’18)
  72
メーカー 車種名 販売台数(7月)
 1 位 カワサキ Z900RS/カフェ
(’17~)
  598
 2 位 HD 1200カスタム/ロードスター/
フォーティーエイト(’18)
  273
 3 位 カワサキ Ninja400/KRTエディション
(’18)
  254
 4 位 ホンダ CB400スーパーフォア/
スーパーボルドール(’17~)
  207
 5 位 ヤマハ トレーサーABS/
トレーサー900ABS GT
(’17~)
  151
 6 位 カワサキ Ninja1000/Z1000
(’17~)
  137
 7 位 HD FLDE/FLFB/FLSL/
FXBB/FXBR/FXFB/
FXLR(’18)
  135
 8 位 ヤマハ YZF-R3ABS/
MT-03(’18)
  126
 8 位 カワサキ Ninja650/
Z650(’17~)
  126
10 位 ヤマハ MT-09ABS/
SP ABS(’17~)
  113
11 位 ホンダ 400X/
CBR400R(’16~)
  99
12 位 スズキ SV650ABS(’16~)   98
13 位 HD スーパーロー/アイアン883(’18)   97
14 位 カワサキ NinjaH2SX/SE(’18)   89
15 位 HD ファットボーイ/ヘリテイジクラシック/
ブレイクアウト/ファットボブ114
(’18)
  82
16 位 ヤマハ MT-07ABS(’17~)   80
16 位 ヤマハ SR400(’10~)   80
18 位 HD ロードキング/ストリートグライド/
ロードクライド(’18)
  79
19 位 スズキ GSX-S1000ABS/
F ABS(’17~)
  78
20 位 ホンダ ゴールドウイング/ツアー/
ツアーDCTエアバッグ(’18)
  72
監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。