【ホンダ】REBELの特徴と歴史を解説

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイク買取最新業界ニュース » 【ホンダ】REBELの特徴と歴史
  

W800イメージ

W800イメージ

画像引用元:https://www.honda.co.jp/Rebel250/

REBELの特徴

ホンダ REBELは、シンプルなアメリカンスタイルで、タフでクールなデザイン性が魅力です。ロー&ファットをアピールするワイドサイズの前後タイヤやアイコニックなタンクやフレームボディ、マットな質感の各種パーツまで、デザインへのこだわりが感じられます。

フューエルタンクから独特なくびれを出したナロースタイルのフレームボディが特徴的で、マットな色調がタフでクールな印象を与えています。

1490㎜のホイールベースと690㎜のシート高が、扱いやすさと美しいライディングポジションを実現。乗れば自然に様になるライディングポジションを取れます。

REBEL250と500の違い

REBELは250と500があり、それぞれに魅力あるデザインと走りを実現しています。カラーラインナップもそれぞれの展開を見せています。

REBEL250

REBEL250は、全4色のラインナップをそろえ、初心者ライダーにも乗りやすいエントリーモデルとなっています。水冷式で4ストロークの250ccエンジンなので、中型免許でも乗れますが、低回転から高回転域までスムーズに吹き上がり、走る楽しさをすべてのライダーに感じさせます。足つき性も高く、経験の少ないライダーにも安心です。

REBEL500

REBEL500は、250と共通のボディですが、CBR500Rベースの高出力のエンジンを搭載した上位モデルとなります。250ではCBR250Rの改良エンジンだったところを、 500では水冷4ストローク2気筒DOHCエンジンが車体特性に合わせてセッティングされています。

パワーとしては500の方が上ですが、トータルで見ると500を選ばなくてもREBELの走りの楽しみは十分に味わえそうです。特に郊外を走るのではないなら、250でも満足できるでしょう。

REBELの進化の歴史

REBELのデビューは古く、歴史は1985年までさかのぼります。レプリカモデルが盛んだった時代に、REBELは街乗りで楽しめるアメリカンバイクとして登場しました。アメリカンバイクらしさに突出したデザインは、多くの人気を集めて、ロングセラーモデルとして1990年代中頃まで売れ続けました。

多くのバイクがモデルチェンジを繰り返す中、REBELはそのままの姿で人気を継続させていきます。1986年末にはツインキャブ化し、1990年代にはエンジン外観の変化やマフラーを片側2本出しにするなどの変化はありますが、1996年の最終型まで大きな変化なく、ロー&ロングを貫き続けました。

2020年、ホンダはREBEL250の新型モデルを正式に発表。新型では、ヘッドライト、ウィンカー、テールランプにLEDを採用し、クラッチ、サスペンションなどの仕様も変更されています。純正アクセサリー標準装備の「Rebel 250 S Edition」も登場し、REBELの歴史がまた新たに開きます。

バイクワンのREBEL500の買取事例

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?

【管理人について】