2021年発売の最新バイク情報

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイク買取最新業界ニュース » 2021年発売の最新バイク情報
  

バイク買取業界 最新ニュース&トピックス

2021年発売予定!新車情報

メーカー・車種名 ホンダ Reel 1100
特徴 スリムで低重心、低シート高のクルザーモデルとして人気を博しているレブル250/500に、いよいよ1100ccのシリーズフラッグシップが登場。アフリカツインやゴールドウイングなどにも搭載されるデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)仕様がラインアップされ、各種電子デバイスも装備されるとしている。
メーカー・車種名 ホンダ X-ADV
特徴 750ccエンジン搭載のいわゆるビッグスクーターでありながら、アドベンチャーテイストのスタイリングとオフロード走行も視野に入れた新次元モデルとして登場。2021年モデルはエンジン・シャシーを大幅に改良し、スタイリングも一新。シート下ラゲッジスペースは容量拡大とともに、USBチャージャー(TypeC)も装備される。
メーカー・車種名 ホンダ CB1000R
特徴 いわゆるネイキッドでありながら、スポーティーさを強調し近未来的なスタイリングに仕上げた新世代CBシリーズのフラグシップモデル。2021年式は先代のデザインテイストは受け継ぎながら、ヘッドライトトリムをティアドロップ型に変更。またホイールも7本スポークの新デザインのものが採用される。
メーカー・車種名 ホンダ NC750X
特徴 クロスオーバースタイルのデザインと使い勝手の良さで人気のNC750Xは、エンジン、シャシー、スタイリングを一新。フロントマスクはよりシャープな印象に。750cc水冷並列2気筒エンジンは、最大出力をアップし、軽量化と1速〜3速のギア比のショートレシオ化によってよりスポーティーさを強調。DCT仕様は3つのモードが選択可能に。MT仕様にはアシストスリッパークラッチが採用される。
メーカー・車種名 ホンダ CB125R
特徴 ヨーロッパの2輪免許制度であるA1カテゴリーの最大値に合わせたエンジン出力とし、トルクもアップさせた新型の水冷4バルブエンジンを搭載。また125ccクラスでは初となる、SHOWA製フロントフォーク(Showa Separate Function front fork Big Piston)を標準装備。ブレーキも296mmフローティングフロントディスクブレーキとラジアルマウントの4ピストンキャリパーを組み合わせ。
メーカー・車種名 ホンダ PCX125
特徴 2010年の発売開始以来、高い人気を博してきたPCX125が4代目にフルモデルチェンジ。シグネチャーランニングライトが追加された新しい顔つきとなり、リアホイールは13インチ化。エンジンは水冷単気筒eSP+に進化し、トラクションコントロールシステムの「ホンダ セレクタブルトルクコントロールシステム(HSTC)」も装備される。
メーカー・車種名 ホンダ GROM
特徴 ホンダのタイ現地法人が手掛ける、125ccクラスMTモデルとして人気のグロムがモデルチェンジを慣行。大きな変更は、ミッションが4速から5速化された点。またエンジンもそれに合わせて新設計。EURO5の排ガス規制に対応しながら、最高出力と最大トルクは、現行の日本仕様とほぼ同等のスペックをキープ。サイドカウルがボルトで脱着しやすくなり、燃料タンク容量も5.7Lから6.0Lにアップされている。
メーカー・車種名 ヤマハ MT-09/ MT-09 SP
特徴 既に欧州向けには発表済となっている新型 MT-09/ MT-09 SP。エンジンは排気量を45cc拡大するとともにユーロ5に適合。フレームは、軽量化と強度向上を両立した新型のCFアルミダイキャスト・デルタボックスに。そしてヘッドライトにはLEDプロジェクターと逆ハの字のツインLEDポジションライトを組み合わせることで、初代とも2代目とも異なる顔つきへと進化している。
メーカー・車種名 カワサキ メグロK3(2021年2月1日発売予定)
特徴 ベベルギヤによるカムシャフト駆動の空冷バーチカルツインエンジンを搭載したW800をベースに、伝説の「メグロ」の車名が、実に半世紀以上の時を経て復活。往年の名車カワサキ「500メグロK2」の佇まいを再現しながら、燃料タンクの表面処理には、高度な技術が必要な銀鏡塗装とハイリーデュラブルペイントを組み合わせ。過去と現代を巧みに融合させたネオクラシックとなっている。
メーカー・車種名 トライアンフ TRIDENT 660(2021年1月23日発売予定)
特徴 トライアンフの新型ミドルネイキッドとして登場。同じ660ccエンジンを搭載するストリートトリプルSが高回転寄りの味付けなのに対し、トライデント660はボア×ストロークを含め67ヶ所に渡って見直された、低中回転重視のキャラクターに。同じトライアンフの660ccモデルでありながら、ストリートトリプルSとは明確な差別化が図られている。

※2020年11月時点での情報です。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?