【ヤマハ】RZシリーズの歴史と魅力

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » バイク買取最新業界ニュース » 【ヤマハ】RZシリーズの歴史と魅力
  

Z400FX

Z400FX_sp

ホンダCB750FOURやカワサキZ1/Z2、スズキGSX1100Sカナタなどと並び、日本のオートバイ史に残る名車のひとつに数えられるのが、ヤマハが手掛けたRZシリーズ。現在では新車販売されることのなくなった水冷2ストロークエンジン搭載モデルとして、1980年代に一世を風靡しましたが、そこにはヤマハとしてのプライドと情熱がありました。そんなRZシリーズの歴史と魅力について、ご紹介していきましょう。

RZシリーズの歴史

1970年代後半。それまでのオートバイ業界では小排気量モデルを中心に、2ストロークエンジン搭載モデルが幅を利かせていました。同じ排気量であれば、4ストロークよりもパワーが出せるというのが最大の理由。その一方で、2ストロークエンジンはエンジンオイルをガソリンと一緒に燃焼させる方式ゆえに排気ガスが汚く、独特な甲高いエンジン音も騒音であるとして、北米などを中心に、批判が高まっていきました。

実はヤマハというメーカーは、1960年代のYDSシリーズや1970年代のRDシリーズなど、2ストロークエンジン搭載モデルに力を入れていたメーカーでした。そうした反2ストロークの機運を受け、どうせ消えゆく運命であるならばと、それまでのヤマハの技術を結集させた究極のモデルとして創り上げたのが、他ならぬ初代4L3型RZ250だったのです。

販売開始は1980年。当時のクラス最強である35馬力のエンジンや、オフロードマシンで培ったモノクロスサスペンションをオンロードモデルとして初採用するなどでハイレベルな走行性能を発揮したことで、たちまち人気モデルとなり、納車まで半年待ちといった事態も引き起こしたほど。

翌1981年には、兄貴分であり元々欧州向けの予定だったRZ350の国内販売も開始。「ナナハンキラー」と称された高性能はバイク漫画などでも取り上げられ、広く知られるようになりました。余談ながら、RZ250とRZ350は基本構造はほぼ同じで、250の車体に350のエンジンを搭載することも比較的容易だったことも、人気に拍車をかけました。

RZシリーズの魅力

もしもRZという車種が存在していなかったら、2ストロークエンジン搭載のオートバイは、もっと早い時期に消滅していたのではないでしょうか。当時は2ストロークマシンのマイナス面がことさら批判の槍玉になっていた時代。そこに登場したRZは、2ストロークならではのパワーや加速力といったメリットを、人気で証明してみせました。

こうしたRZの成功は、ライバルメーカーも大いに刺激し、2ストロークマシンが次々と市場投入されることに。そうした流れは数年後、2スト250ccレーサーレプリカブームを巻き起こすことになるのです。そうした意味において、RZもまた、日本のバイク歴史に影響を及ぼしたモデルと言えるのです。

RZシリーズの歴代モデル

RZ250

1980年に発売された、RZシリーズ元祖となるモデル。当時クラス最強のエンジンパワーやモノクロスサスペンションなどにより、4ストローク400ccモデルを上回る高性能を発揮。納車まで半年待ちという伝説を生み出しました。

RZ250R

発売は1983年。RZ250が丸目ヘッドライト&カウルレスのネイキッドスタイルだったのに対し、こちらはビキニカウルが標準装備され、タンク容量も20Lへと変更。また以後のヤマハ2ストモデルでお馴染みとなる排気デバイスYPVS(YAMAHA Power Valve System)が初採用されました。

RZ250RR

1984年に登場。エンジンサイドまでのハーフカウル装着状態が標準仕様となっており、オプション装着でフルカウルやシングルシート化が可能となっていました。エンジンも当時の業界自主規制の上限一杯の45馬力を実現。レーサーレプリカのTZR250の前身となりました。

RZ350

発売開始は1981年。本来は海外向けだったものの、弟分の爆発的な人気を受け、日本国内向けにも販売させることになりました。プラス100ccの排気量によってもたらされるパワーとフロントブレーキのダブルディスク化によって、当時の750ccクラスと同等の走行性能を発揮。「ナナハンキラー」の異名を与えられたことでも知られています。

   
バイク買取専門店 バイクワン
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?