【スズキ】バイク買取相場とリアルな査定結果を徹底レポート!

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » スズキ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】

SUZUKI

スズキ

人気車種の買取相場を調査! 「他社とは違うことをする」のがスズキの信条。日本バイク史に残る名車GSX1100Sカタナや、量産市販車世界最速に長らく君臨したGSX1300Rハヤブサなどは、そうしたアイデンテティがあったからこそ、生まれたのかもしれません。

スズキの買取人気車ベスト3

ライバルであるホンダやヤマハとほぼ同等のラインアップを取り揃えており、大型バイクから原付スクーターまでをカバー。豊富に揃った車種の中で、スズキの買取人気車ベスト3となっているのは果たして…

ハヤブサ

ハヤブサ
長らく量産市販車最速として君臨し、高いコーナーリング性能も併せ持つアルティメットスポーツ。現行車人気No.1はある意味、予想通りといったところでしょうか。
買取相場
1,040,000円~1,350,000円

GSX-R1000

GSX-R1000
スズキが誇る1000ccスーパースポーツモデル。200psオーバーのパワーやレーシングABS、オートシフターなども装備し、ライバル車たちとしのぎを削っています。
買取相場
820,000円~950,000円

GSX-S1000F

GSX-S1000F
スーパースポーツのGSX-Rシリーズをベースに、一般公道での扱いやすさや操る楽しさに重きを置いたモデルとして登場。この「F」はフルカウル仕様。兄弟車のGSX-S1000はストリートファイター仕様となっています。
買取相場
674,200〜759,500円

GS400

GS400
クラシックなスタイリングが特徴的。スズキ史上初の4ストローク400ccエンジンを搭載したモデル。中古車市場では今なお絶大な人気。
買取相場
680,000〜1,000,000円

GT380

GT380
2スト3気筒ながら4本マフラーを装備し、400ccクラスのマシンとは思えない存在感。
買取相場
610,900〜814,600円

GT750

GT750
ホンダCB750FOUR、カワサキ750SSマッハに対抗、スズキが作った初の200kg超大型モデル。
買取相場
548,800〜798,200円
あなたが知りたい車種の買取相場を今すぐチェック!

★プルダウンから見たいスズキの車種を選んでください★
選択したバイクの買取相場が表示されます! さらに、本サイト監修「バイクワン」で該当車種を実際に査定した結果を画像付きで詳しくレポートしていますので要チェック!!

車種を選ぶ

車種をお選びください

SUZUKI

GS400

買取相場

680,000
1,000,000

SUZUKI

GSR250/S/F

買取相場

350,000
440,000

GSR400

SUZUKI

GSR400

買取相場

400,000
510,000

SUZUKI

GS400

買取相場

680,000
1,000,000

SUZUKI

GSR250/S/F

買取相場

350,000
440,000

SUZUKI

GSR400

買取相場

000,000
000,000

SUZUKI

GSX1100Sカタナ

買取相場

1,150,000
2,050,000

SUZUKI

GSX-R1000/R

買取相場

820,000
950,000

SUZUKI

ハヤブサ

買取相場

1,040,000
1,350,000

SUZUKI

GSX400インパルス

買取相場

120,000
200,000

DR-Z400S

SUZUKI

DR-Z400SM

買取相場

330,000
630,000

SUZUKI

DR-400SM

買取相場

30,000
350,000

GS1200SS

SUZUKI

GS1200SS

買取相場

800,000
1,030,000

GSX400S

SUZUKI

GSX400/250

買取相場

250,000
550,000

GSX-R600

SUZUKI

GSX-R600

買取相場

870,000
930,000

GSX-R750

SUZUKI

GSX-R750

買取相場

1,070,000
1,250,000

GSX-S1000F

SUZUKI

GSX-S1000/F

買取相場

770,000
840,000

SUZUKI

GT380

買取相場

30,000
350,000

SUZUKI

GT750

買取相場

30,000
350,000

SUZUKI

RG500γ

買取相場

30,000
350,000

SUZUKI

RG400γ

買取相場

30,000
350,000

SUZUKI

RG250γ

買取相場

30,000
350,000

イントルーダー400クラシック

SUZUKI

イントルーダー400クラシック

買取相場

190,000
310,000

バンディット1250F<

SUZUKI

バンディット1250F

買取相場

650,000
720,000

GSR750

SUZUKI

GSR750

買取相場

450,000~
590,000円

Vストローム250

SUZUKI

Vストローム250

買取相場

420,000~
460,000円

グラディウス400

SUZUKI

グラディウス400

買取相場

370,000~
480,000円

GSX-R1000R/L7

SUZUKI

GSX-R1000R/L7

買取相場

1,510,000~
1,650,000円

GSX250R

SUZUKI

GSX250R

買取相場

300,000~
380,000円

ブルバード

SUZUKI

ブルバード

買取相場

450,000~
570,000円

インパルス400

SUZUKI

インパルス400

買取相場

340,000~
670,000円

Vストローム1000

SUZUKI

Vストローム1000(2001年式)

買取相場

600,000~
700,000円

GT380

SUZUKI

GT380

買取相場

860,000~
1,250,000円

GSX-R1000 K7.8

SUZUKI

GSX-R1000 K7.8

買取相場

600,000~
~750,000円

GSX1400

SUZUKI

GSX1400

買取相場

480,000~
~840,000円

GSX1300Rハヤブサ GW71(2001年式)

SUZUKI

GSX1300Rハヤブサ GW71(2001年式)

買取相場

470,000~
600,000円

バンバン200 NH41A 2003年式

SUZUKI

バンバン200 NH41A 2003年式

買取相場

70,000~
140,000円

バーグマン200 CH41A(2014年式)

SUZUKI

バーグマン200 CH41A(2014年式)

買取相場

470,000~
280,000円

GrassTracker NJ47A

SUZUKI

GrassTracker NJ47A

買取相場

50,000~
120,000円

SW-1 1992年式

SUZUKI

SW-1(NJ45A)1992年式

買取相場

200,000~
330,000円

ST250/E(NJ4AA)2004年式

SUZUKI

ST250/E(NJ4AA)2004年式

買取相場

200,000~
330,000円

ST250 E-Type FI NJ4CA(2013年式)

SUZUKI

ST250 E-Type FI NJ4CA(2013年式)

買取相場

230,000~
370,000円

バンディット1250S GW72A

SUZUKI

バンディット1250S GW72A

買取相場

430,000~
550,000円

GSX250FX  ZR250C

SUZUKI

GSX250FX ZR250C(2002年式)

買取相場

170,000~
~290,000円

RGVガンマ250SP VJ23A

SUZUKI

RGVガンマ250SP VJ23A(1996年式)

買取相場

1,020,000~
~1,310,000円

アクロス GJ75A

SUZUKI

アクロス GJ75A(1990年式)

買取相場

50,000~
~160,000円

バンディット1250 GW72A

SUZUKI

バンディット1250 GW72A(2016年式)

買取相場

330,000~
430,000円

バンディット1200S GV79A

SUZUKI

バンディット1200S GV79A(2006年式)

買取相場

250,000~
400,000円

ジクサー250

SUZUKI

ジクサー250

買取相場

326,200~
448,800円

イナズマ1200

SUZUKI

イナズマ1200

買取相場

189,700~
273,700円

RG500ガンマ

SUZUKI

RG500ガンマ

買取相場

1,370,000~
1,900,000円

SV650S

SUZUKI

SV650S

買取相場

293,300~
442,600円

GSX250E KATANA GJ51B

SUZUKI

GSX250E KATANA GJ51B

買取相場

195,000~
400,000円

GSR250 GJ55D(2015年式)

SUZUKI

GSR250 GJ55D(2015年式)

買取相場

230,000~
330,000円

KATANA GT79B

SUZUKI

KATANA GT79B

買取相場

1,090,000~
1,250,000円

SV650X VP55B

SUZUKI

SV650X VP55B

買取相場

480,000~
580,000円

Vストローム650 C733A

SUZUKI

Vストローム650 C733A

買取相場

480,000~
580,000円

グラストラッカー ビッグボーイ NJ4DA

SUZUKI

グラストラッカー ビッグボーイ NJ4DA

買取相場

180,000~
320,000円

GSX-S1000 GT79A

SUZUKI

GSX-S1000 GT79A

買取相場

630,000~
730,000円

GSX-S1000 GT79B

SUZUKI

GSX-S1000 GT79B

買取相場

700,000~
830,000円

RG250ガンマ GJ21A

SUZUKI

RG250ガンマ GJ21A

買取相場

210,000~
330,000円

GT750

SUZUKI

GT750

買取相場

880,000~
1,430,000円

GSX-S125

SUZUKI

GSX-S125

買取相場

180,000~
280,000円

グラストラッカー(2006年式)

SUZUKI

グラストラッカー(2006年式)

買取相場

230,000~
340,000円

グラストラッカー(2009年式)

SUZUKI

グラストラッカー(2009年式)

買取相場

280,000~
390,000円

グラストラッカー ビッグボーイ(2006年式)

SUZUKI

グラストラッカー ビッグボーイ(2006年式)

買取相場

230,000~
340,000円

グラストラッカー ビッグボーイ(2011年式)

SUZUKI

グラストラッカー ビッグボーイ(2011年式)

買取相場

280,000~
390,000円

スズキ人気車種の買取相場&実際の査定レポートを公開!

ここからはスズキの各モデルの買取相場と、実際の車両を査定依頼し、どの位の価格となったのかをご紹介していきたいと思います。車種はもちろん、年式や状態、走行距離などによって価格はどうなるのか、ぜひ参考にしてみてください。

スズキ(SUZUKI)バイクの人気車種

ハヤブサ(GSX1300Rハヤブサ)

「アルティメット・スポーツ」の名を掲げ、ノーマルで時速300kmを実現したハイスペックと高いコーナーリング性能を両立。1999年の初代、2008年の2代目、そして2022年、3代目へのモデルチェンジが慣行されました。

買取相場としては、基本的には年式が新しくコンディションのよい個体ほど高値がつく傾向であり、コンディションが同等であれば、初代よりも2代目の方がより高額買取となります。ただし、かのヨシムラが手掛けたコンプリートマシン、ハヤブサX-1は別格となっています。

GSX250R

2010年代に勢いを取り戻した250ccクラスのロードスポーツモデル。スズキは当初海外向けであったスポーツネイキッドGSR250、ハーフカウルのS、フルカウルのFを国内向けにも販売。その後継モデルとして2017年に登場したのが、フルカウルスポーツのGSX250Rでした。大幅な軽量化を実現し、俊敏性を大きく高めています。

気になる買取相場はもちろん走行距離が少なく、コンディションのよいものほど高値が期待できます。その上で、同じコンディションであれば、2020年に比べ2021年の方がより高値になっているという傾向があります。

V-ストローム

2010年代以降、バイク市場で一段と人気を高めたアドベンチャー系。スズキは2000年代初頭より海外向けに1000および650を展開していましたが、2010年代に入ると国内向けの販売も開始。さらには日本の免許制度を踏まえた250も2017年に登場。現在では250、650、1050の3兄弟となっています。

なかでも、人気を博しているのが250。日本の免許制度に合致しており、なおかつ250には思えない存在感を放っているのが要因。同じコンディションであれば、2019年よりも2021年のほうが買取相場が上昇しています。

ジクサー

ストリートファイター系の外観をもつネイキッドスポーツのジクサー250、ならびにフルカウルスポーツ仕様のジクサーSF250があり、ともに2019年に登場。最大のトピックは何と言っても、かつてのスズキのお家芸であった油冷方式エンジンを復活させていることに尽きます。

気になる買取相場は、2022年時点では大きな変動は見られず、ほぼ横ばいで推移しています。傾向としては、年式やコンディションが同等であるならば、ネイキッドのジクサー250よりもフルカウルのジクサーSF250の方が高値になる傾向です。

GSX-R125

2016年にドイツ・ケルンショーで発表。元々は欧州のA1ライセンス保有者向けのエントリーモデルとして企画・製造されましたが、日本の原付2種クラスにおいても希少なフルカウルスポーツであり、前後17インチ径ホイールのフルサイズモデルであることから、2018年、ABSを追加装備した日本仕様が発売開始となりました。

気になる買取相場は、2018年の発売開始から2022年時点まで、大きな変動は見られず、ほぼ横ばいで推移しています。年式が新しく、コンディションがよいもの程、より高値が期待できるという感じになります。

SV650

ホンダCB750FOURやカワサキZ1/Z2などとならび、オートバイの歴史上に燦然と輝くレジェンドモデルになります。1981年の衝撃のデビュー以来、実に40年以上の月日が経過していますが、

気になる買取相場は、日本市場においては大きな変動はそこまで見られず、概ね横ばいに推移。基本的には年式が新しく、コンディションのよいもの程高値となる傾向。また同じコンディションであればSV650Xの方がより高値になります。

GSX1100Sカタナ

ホンダCB750FOURやカワサキZ1/Z2などとならび、オートバイの歴史上に燦然と輝くレジェンドモデルになります。1981年の衝撃のデビュー以来、実に40年以上の月日が経過していますが、今なお中古車市場において高値で売買されています。

そんなカタナならではの傾向としては、1982年から1984年にかけての初期モデルの方が、1990年や1994年、2000年の再販モデルよりも高値になるという点。こうした逆転現象が起きているのも、レジェンドモデルならではと言えるでしょう。

スズキ(SUZUKI)バイクの歴史

織機メーカーから、バイク・自動車メーカーへ

ホンダ・BMWと並び、2輪車と4輪車の双方を手がけるメーカーとして知られるスズキですが、その前身は、1909年に創業された織機メーカーでした。ちなみに、織機から自動車へという流れは、かのトヨタと同じというのが興味深いところです。

そんなスズキが2輪車に進出したのは1952年のこと。当初は小型車を得意としており、やがて中型や大型バイクも手がけるようになります。70年代頃までは2ストロークエンジン搭載モデルを得意としており、とりわけGT750やGT380などのGTシリーズが、ライバルであるカワサキのマッハシリーズとの鍔迫り合いを繰り広げました。

そして80年代に入ると、伝説のカタナや、レーサーレプリカブームの火付け役となったRG250γ、GSX-R750などをライバル達に先駆けて販売。そして1999年には、量産市販車世界最速マシンとして、ハヤブサがお目見え。時代の節目ごとに、エポックメイキングなモデルを登場させています。

スズキ(SUZUKI)の魅力とは

ライバルとは違うこと、それがスズキらしさ

スズキは他社とは違うことをするという信条を掲げており、代表車種や人気車種には、そうした特性が上手く活かされています。例えば初代GSX-R750には、水冷でも空冷でもない、独自の油冷方式を採用。アドレスV125は、原付2種でありながら原付1種なみの軽量コンパクトな車体。DR-Z400SMは、国産モタード車のほとんどが250ccの中、貴重な400ccモデルとして人気を博しました(ホンダも400ccモタードを出していましたが、人気はDR-Z400SMの方が数段上)。

一方で、スタンダードモデルも手堅くラインアップ

とは言え、日本4大メーカーの一角を担うメーカーだけあり、スタンダードなモデルもしっかりとラインアップしています。例えば90年代のネイキッドブーム、当初スズキはレーサーレプリカベースのバンディット400をラインアップしていましたが、リヤ2本サスのオーソドックスなネイキッドを求める市場ニーズに応え、GSX400インパルスを発売。そうした柔軟性も併せ持っています。

スズキ(SUZUKI)好きはこんな人!スズキ好きの習性

人物イラスト

マニアック、個性派なライダーから大きな支持

以上のような特性もあり、スズキを好むライダーの方は、バイクに個性や特色といったものを求める方の割合が高いと見受けられます。

例えばハヤブサの場合は、世界最速のストレートスピードと高いコーナーリング性能が融合されていること。カタナであれば、比類なき唯一無二のデザインフォルム。近年発売となったVストロームシリーズであれば、国産では唯一のVツインエンジン搭載のアドベンチャーモデルであるという点(ただしKTMなど国外メーカーにはVツインのアドベンチャーモデルあり)。

こうした個性を支持するライダーにスズキは愛されているのです。口の悪い一部の層からは、こうしたスズキ党の傾向が揶揄されるようですが、むしろご本人達にとっては、褒め言葉として受け取っているのでしょう。

関連記事一覧
   
バイク買取専門店 バイクワン