アクロスGJ75Aの買取相場を調査!リアルな査定結果は?

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » スズキ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » アクロスGJ75A(1990年式)
  

SUZUKI

アクロスGJ75A 1990年式

大きなメットインタンクがトレードマーク
アクロスGJ75Aの買取相場と査定レポート

大容量の収納スペースや、パワフルな吹け上がりが特徴的なアクロスGJ75A。今回は、そんなアクロスGJ75Aが歩んできた歴史や魅力、買取相場を調べてみました。

2020年3月時点の買取相場

50,000~
160,000円

アクロスGJ75Aをバイクワンで査定してもらいました!

今回査定に出したアクロスGJ75Aの画像はコレだ!

suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例

今回査定に出したアクロスGJ75Aの画像はコレだ!

suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
suzuki-across-gj75a- 買取査定事例
買取車情報
年式 1990年(平成2年)
走行距離 15,600km
状態(外観) 年式相応
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 ミラー
査定者の評価コメント
エンジン
4
錆、オイル滲み箇所有り、異音有り
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態)
4
カウル傷、フェンダー傷、シートヘタリ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆
フレーム
4
錆、ストッパー傷、ステップ傷・錆
そのほか
-
鍵2本、年式なりに傷や錆が目立つ車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 4
錆、オイル滲み箇所有り、異音有り
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態) 4
カウル傷、フェンダー傷、シートヘタリ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆
フレーム 4
錆、ストッパー傷、ステップ傷・錆
そのほか -
鍵2本、年式なりに傷や錆が目立つ車輛

※点数は10点満点です

バイクワンの査定額

80,000

※2020年3月時点の相場を鑑みた査定額です

条件が違ったらアクロスGJ75Aの査定額はどう変わる?

グリップヒーターやスクリーン等オプション有り プラス10,000円~20,000円
社外マフラー換装 プラス10,000円~20,000円
長期放置により劣化が目立つ車輛 マイナス30,000円~
グリップヒーターやスクリーン等オプション有り
プラス10,000円~20,000円
社外マフラー換装
プラス10,000円~20,000円
長期放置により劣化が目立つ車輛
マイナス30,000円~

編集部よりひとこと

アクロス GJ75Aは、時代を先取りしすぎた装備が仇となりあまり評価されなかった不遇のバイク。しかし、汎用性に優れた性能で一部のライダーからは今でも根強く支持されています。今回査定に出したアクロスGJ75Aは1990年式、走行距離15,600kmという車体。エンジンは問題なく稼働し、事故歴も0。ただし年式が1990年と古いため、全体的に年式相応の傷や錆が見受けられました。とくに、オイル滲みやフロント・リヤ周りの錆、タイヤの減りなどが目につくのが気になるところです。

同バイクの買取相場が50,000~160,000円となっているのに対して、今回の査定額は80,000円というやや低めの結果に。スクリーンやグリップヒーターなどのオプションや社外マフラーがあれば、もう10,000~20,000円の査定額アップが見込めたと考えられます。

アクロスGJ75Aとは

suzuki-across-gj75a

アクロスGJ75Aのスペック情報

総排気量 248cc
最高出力 45ps/13,500rpm
最大トルク 2.7kg-m/10,000rpm
全長・全高・シート高 2,020mm/1,135mm/730mm
重量 159.0kg
燃料タンク容量 12.0L
燃料消費率 45.0km/L(定置走行テスト値)
発売年 1990年
メーカー希望小売価格 558,000円
カラー アーバングレーメタリック/クエストシルバーメタリック/キャンディアンタレスレッド/ルージュレド

アクロスGJ75Aの歴史

レーサーレプリカをルーツに持つバイク

アクロス GJ75Aは、1987年に登場したレーサーレプリカ「GSX-R250」の派生車種です。当時は各メーカー間で一大レーサーレプリカブームが起こっており、GSX-R250の優れたトルクとエンジン性能が高く評価される時代でした。アクロス GJ75Aは、そんなGSX-R250をベースに開発されたバイク。ただしレーサーレプリカとしてではなく、ツアラーバイクという触れ込みで売り出されました。一見レーシーな見た目ですが、快適な足つきやライディングポジションを維持しているのが特徴です。加えてエンジンはGSX-R250と同じものを搭載し、規制上限ギリギリの45馬力というパワーを実現。力強いエンジンと安定感のあるライディングポジションを兼ね備え、「アーバンスポーツツアラー」という新たなコンセプトを打ち出しました。

アクロスGJ75Aの魅力

もっと評価されるべき、不遇のツアラーバイク

アクロス GJ75Aの特徴は、大胆で先進的な機能性にあります。ただ、時代を先取りしすぎて多くのライダーを振り落としに行ってしまった印象なのが悲しいところ。同クラスのツアラーバイクやスポーツバイクと比べて重たい車体だったことや、長距離には不向きな燃料タンク容量だったことが評価の勢いを落とした原因だったといわれています。

しかし性能自体は優秀で、一定の評価を得ているのも事実。とくに、レーシーな外見には似合わない収納力は高く評価されています。同バイクはガソリンスタンドのタンク部分をメットインスペースにして、ビッグな収納力を実現。当時のスポーツバイクで、エンジンスペースをメットインにするという発想は斬新そのものでした。フルフェイスヘルメットも楽に収納できる仕様で、荷物を積んでのツーリングに持ってこいの仕様です。パワフルな加速性と快適な乗り心地を両立させ、街乗りやちょっとしたツーリングなどさまざまな場面で活躍。売り出した時代や条件が違っていたら、アクロス GJ75Aはもっと評価されていたかもしれません。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?

【管理人について】