ジクサー250の買取相場は?特徴や歴史も紹介

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » スズキ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » ジクサー250
  

スズキ

ジクサー250

油冷エンジン復活、スズキ新世代の250ccネイキッド 気になる買取相場や実際の査定額は?

兄弟モデル ジクサーSF250とともに、スズキ伝統の油冷エンジンを最新テクノロジーで復活させた新世代のネイキッドとして登場。そんなジクサー250を買取依頼する場合、気になる査定相場はどのくらいなのかご紹介します。併せて、ジクサー250の歴史や魅力についてもとりまとめていますので、ぜひご覧になってみてください。

2020年6月時点の買取相場

326,200~
448,800円

ジクサー250とは

スズキ ジクサー250

ジクサー250のスペック情報

総排気量 249cc
最高出力 19kW(26PS)/9000rpm
最大トルク 22Nm(2.2kgf・m)/7300rpm
全長・全高・シート高 2,010mm/1,035mm/800mm
重量 154kg
燃料タンク容量 12L
燃料消費率 45.0km/L
発売年 2020年
メーカー希望小売価格 448,000円
カラー マットプラチナシルバーメタリックNo.2他

ジクサー250の歴史

250ccクラスに、スズキ油冷エンジンが復活!

ジクサー250は兄弟車であるジクサーSF250とともに、2019年の東京モーターショーにてお披露目となりました。大きな話題となったのは、スズキならではの個性と言える油冷方式エンジンを250cc単気筒として復活させたこと。

本来であれば、翌2020年春に東名阪で開催されるはずだったモーターサイクルショーにおいて、スズキの大きな目玉商品としてアピールされていたことでしょう。しかし、各地のモーターサイクルショーは残念ながら開催中止に。それでも、スズキの注目商品として、まず兄弟車であるフルカウルスポーツ、ジクサーSF250が2020年4月に発売開始。そしてスタンダードモデルであるジクサー250も同年6月に発売開始となりました。

ちなみにジクサー250とジクサーSF250は、スズキのインドの現地法人であるスズキモーターサイクル・インディアにて製造されており、世界への販売を視野に入れたグローバルモデルという位置づけになっています。

開発意図としては “Straight-Ahead Srort Bike”というコンセプトが掲げられており、意訳すると「前向きなスポーツバイク」。より具体的には、街乗りや通勤・通学、郊外でのツーリングなど、様々な走行シーンにおいて、軽量なスポーツモデルとして一定レベル以上の軽快な走りが楽しめるというものです。

その文字通りの原動力となるのが、スズキが新たに独自開発した、SOCS(Suzuki Oil Cooling System)という冷却方式。簡単に言えば、エンジンの燃焼室の周りに、潤滑とは別系統のオイルによる冷却回路を設けた仕組みです。またオイルクーラーには電動ファンも装備し、渋滞時などのオーバーヒートを抑制。これらの技術により、エンジン自体の軽量化を実現しながら、優れたパワー特性と燃費も両立させていると大きくアピールされています。

ジクサー250の魅力

スズキらしさ満載で復活した、250ccネイキッド

ジクサー250とジクサーSF250の兄弟は、言うなれば、ロードスポーツモデルが再び隆盛の兆しを見せている250ccクラスに、スズキが満を持して送り込んだネイキッドとフルカウルスポーツであると言ってよいでしょう。

先にデビューを果たしたジクサーSF250は、言わばカワサキNinja250Rによって活性化された250ccスポーツモデルの一翼です。ただし興味深いのは、スズキは同じ250ccクラスにもう一台、GSX250Rも投入している点。どちらもフルカウルのスポーツモデルではありますが、GSX250Rはよりスポーツ性に重きを置いているのに対し、ジクサーSF250はスポーティではありながら、より身近で気軽に楽しめるという棲み分けを行っているのです。

ジクサー250は、2017年に生産終了となったGSR250以来となる250ccクラスのネイキッドモデルの復活です。また前述の通り、かつてはスズキの専売特許であった油冷エンジンをジクサーSF250とともに復活させたという意味でも、注目に値すると言えるでしょう。ちなみに油冷エンジン搭載車としては、2008年に生産終了となったGSX1400以来12年ぶり。干支が一回りして、再登場となったのです。

そんなジクサー250はいわゆるネイキッドではあるものの、ジクサーSF250譲りのスポーティさを受け継ぎながら、外観デザインにおいても、独自の個性を放っているというのが、何よりの注目ポイント。

ハンドルこそネイキッド定番のパイプバータイプですが、ヘッドライトは従来からの丸目スタイルではなく、MVアグスタのブルターレを彷彿させる変形デザイン。また燃料タンクやシートカウル廻りも独特なエッジを効かせたものとなっており、それでいてヤマハのMTシリーズやカワサキのZ1000などとはまた違った雰囲気を演出しています。まさに「他社とは違うことをする」という信条を掲げる、スズキらしさに満ちたモデルともいえるでしょう。

さらにもうひとつ、新車価格で448,000円という点も見逃せません。年々車両価格が上昇していくのはある種当たり前となっているなかで、コストパフォーマンスの面でも、大いに企業努力をしていると評価してよいでしょう。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?

【管理人について】