バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » スズキ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » GSX250R

SUZUKI

GSX250R

SUZUKIの250ccクラスレーサーレプリカ
買取相場&リアル査定レポート

GSX250Rは、2017年に販売開始された車種です。初心者からベテランまで扱いやすいエンジンを搭載しているため、快適に走行できます。そんなGSX250Rの買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!

買取相場

300,000円~
380,000円

GSX250Rをバイクワンで査定してもらいました!

GSX250R
買取車情報
年式 平成30年
走行距離 300km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

330,000

※2019年3月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、カバー傷小、機能面問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
6
外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態)
5
サイドカウル傷小、フェンダー傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
6
外観・機能ともに問題無し
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小
フレーム
6
問題無し
そのほか
-
ワンオーナー、取説・保証書有、使用感少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、カバー傷小、機能面問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 6
外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態) 5
サイドカウル傷小、フェンダー傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 6
外観・機能ともに問題無し
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小
フレーム 6
問題無し
そのほか -
ワンオーナー、取説・保証書有、使用感少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定額【330,000円】がついたGSX250Rの画像はコレだ!

GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R

条件が違うとGSX250Rの査定額はどう変わる?

社外スクリーンやグリップヒーター等オプション有り プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス20,000円~30,000円
社外スクリーンやグリップヒーター等オプション有り
プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス20,000円~30,000円

GSX250Rのカスタム事例

GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R
GSX250R

編集部からひとこと

2017年に販売開始したGSX250R。スズキから登場した250ccクラスのスポーツレプリカとなります。他の250ccクラスのライバル車と比べるとMAXパワーやスピードは劣りますが、初心者からベテランまで幅広い層のライダーが取り扱いやすい設計となっているのが特徴です。

そんなGSX250Rの買取相場は、300,000円~380,000円です。今回査定してもらった車輛の買取査定額は330,000円となっています。

エンジンは良好で、吹け上がりやアイドリングに問題ありません。外装やフロント・リア周りには小さな傷がありますが、使用感が少なくてキレイな車輛です。さらに走行距離が300kmと短いため、この査定額が提示されています。

なお、社外品の高級マフラーを装着し、純正マフラーをしっかりと保管していた場合は、20,000円から30,000円の査定額アップとなったでしょう。他にも社外品のスクリーンやグリップヒーターなどのオプションを装備していたなら、10,000円から20,000円ほどのプラスが期待できます。

GSX250Rとは

GSX250R

GSX250Rのスペック情報

型式 2BK-DN11A
エンジン形式 水冷4サイクル2気筒SOHC2バルブエンジン
総排気量 248cc
最高出力 18 kW(24 PS)/ 8,000 rpm
最大トルク 22 N・m(2.2 kgf・m)/6,500 rpm
全長・全高・シート高 2,085mm/1,110 mm/790 mm
重量 178kg
燃料タンク容量 15L
燃料消費率 41.0km/L(60 km/h)
発売年 2019年
メーカー希望小売価格 538,920円
カラー トリトンブルーメタリックNo.2(QHV) 他

GSX250Rの歴史

2016年に誕生したスズキの新しい250 ccクラス

2016年のミラノショーで初めて発表されたGSX250R。2017年に販売開始した車種です。GSR250のエンジンをベースとし、ローラーロッカーアームにシリンダーやピストンリングが見直され、エンジン性能が向上しています。

一見、GSR250にスーパースポーツで使用するカウルを被せただけのように見えますが、レイヤードカウルやヘッドライト、セパレートやシートなどもGSXシリーズのスポーティなデザインを取り入れているのです。

搭載されている水冷並列2気筒エンジンは燃費性能に優れており、1Lあたり41.0kmという燃料消費率を実現。液晶メーターにはギアポジションやシフトタイミングを知らせるインジケーター機能が採用されているため、ギアチェンジが滑らかになり、スムーズに発進できます。

2018年のモデルから「クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」「キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック」「パールネブラーブラック」「トリトンブルーメタリックNo.2」のカラーリングがラインナップされました。

GSX250Rの魅力

テクニックや扱いやすさがライバル車よりも優れている

GSX250Rは、現在人気を集めているカワサキのニンジャ250やホンダCBR250R、ヤマハYZF-R25といった250ccクラスのスポーツレプリカのライバル車として誕生しました。他の250ccクラスのレーサーレプリカとは違い、搭載されている並列2気筒エンジンの最高出力は24psとライバル車と比べると低めですが、GSR250は「落ちついた操作性」を重視しています。

8,000rpmの回転域までの後輪軸出力は、ライバル車を上回っているそうです。低中速域のトルクが力強いため、発進時には優れた瞬発力によってスペック以上の速さを感じられるでしょう。コーナーを曲がった後も加速でき、その扱いやすさが快適な走行を実現しています。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。