バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » スズキ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » Vストローム250

SUZUKI

Vストローム250

アドベンチャータイプとして誕生したばかりの車種
買取相場&リアル査定レポート

2017年に販売されたVストローム250。250ccクラスながらパワフルかつ操作しやすいのが魅力のバイクです。そんなVストローム250の買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!

買取相場

420,000~
460,000円

Vストローム250をバイクワンで査定してもらいました!

Vストローム250
買取車情報
年式 平成29年
走行距離 1,600km
状態(外観) 転倒により傷有り
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 ETC、ナビ、グリップヒーター

バイクワンの査定額

430,000

※2019年1月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
5
カバー傷、錆小、異音無く吹け上がりやアイドリングは安定している
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ディスクローター錆小
外装(外装パーツの状態)
4
タンク傷、サイドカウル傷、ハンドガード傷・割れ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ディスクローター錆小
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小
フレーム
5
ストッパー傷、ステップ傷
そのほか
-
ワンオーナー、取説有り、錆は少ないが左側面に転倒による傷が目立つ車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
カバー傷、錆小、異音無く吹け上がりやアイドリングは安定している
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ディスクローター錆小
外装(外装パーツの状態) 4
タンク傷、サイドカウル傷、ハンドガード傷・割れ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ディスクローター錆小
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小
フレーム 5
ストッパー傷、ステップ傷
そのほか -
ワンオーナー、取説有り、錆は少ないが左側面に転倒による傷が目立つ車輛

※点数は10点満点です

査定額【430,000円】がついたVストローム250の画像はコレだ!

Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250

条件が違うとVストローム250の査定額はどう変わる?

トップケース・サイドパニア付 プラス30,000円~50,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス20,000円~50,000円
傷・錆一切無し プラス30,000円
トップケース・サイドパニア付
プラス30,000円~50,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス20,000円~50,000円
傷・錆一切無し
プラス30,000円

Vストローム250のカスタム事例

Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250
Vストローム250

編集部からひとこと

こちらは平成29年式のVストローム250。国内仕様のモデルが発売した当時の車輛ですね。楽なポジショニングでパワフルなエンジンを搭載しているのが魅力的。低速・中速域でもトルクを発揮できる構造のエンジンになっており、長時間のツーリングはもちろん発進の多い街中でもおすすめのバイクですね。

そんなVストローム250の買取相場は420,000円~460,000円。こちらの車輛の買取査定額は430,000円です。エンジンの吹け上がりやアイドリングには問題がない車輛ですが、転倒による傷が目立ち、サイレンサー・タンクの傷やハンドガードの割れなどがあるため、この査定額が提示されています。

もしも、トップケースやサイドパニアが付いていた場合は、査定額から30,000~50,000円アップが期待できます。他にも、社外品の高級マフラーが付いていた場合は、査定額から20,000~50,000円ほどアップ。また、車体に傷やサビが一切なければ、プラス30,000円となります。

Vストローム250とは

Vストローム250

Vストローム250のスペック情報

型式 2BK-DS11A
エンジン形式 水冷4ストローク2気筒/SOHC2バルブ
総排気量 248cc
最高出力 18 kW(24 PS)/8,000rpm
最大トルク 22 N・m(2.2 kgf・m)/6,500rpm
全長・全高・シート高 2,150mm/1,295mm/800mm
重量 188kg
燃料タンク容量 17L
燃料消費率 39.0 km/L(60 km/h)
発売年 2016年
メーカー希望小売価格 570,240円
カラー パールネブラーブラック/ ソリッドダズリンクールイエロー 他

Vストローム250の歴史

登場したばかりだがアベンチャーバイクとして人気の車種

Vストローム250は、スズキのアドベンチャーバイクであるVストロームの250ccクラスモデルとして誕生しました。2016年のミラノショーに2017年の新型モデルとして展示され、発売が発表された車種です。2017年の7月に国内向けモデルが販売開始され、ツーリングでの快適性と日常での扱いやすさを兼ね備えたているため、アドベンチャーバイクとして人気になりました。中低速を重視したトルクの強いGSX250Rと同じエンジンを採用しており、190kg近い重量でもストレスのない走行が可能です。リアサスペンションは7段階調整式となっており、ライダーの体型に応じたライディングポジションに調整できます。

2019年には、マイナーチェンジされたモデルが登場しました。カラーバリエーションは2017年モデルから変化はありませんが、エキパイ側にあるマフラーカバーの形状が変更されました。また、この年からABS仕様の車輛がVストローム250でも登場しています。

Vストローム250の魅力

安定感のある走行が魅力のバイク

248ccの水冷式SOHC 2気筒エンジンを搭載しているVストローム。低中速域トルクを重視した造りとなっており、パワーと扱いやすさの両立を目指して開発されたエンジン特性となっています。さらに、国内の排出ガス規制に対応しつつ、高い燃費性能を実現しました。Vストローム250は、前輪サイズが110/80-17で、250ccクラスのスポーツバイクの110/70-17サイズよりもちょっと太め。同排気量のアドベンチャーバイクの中では、いちばん太いタイヤを装着しています。フロント部分にドシッとした接地感があるので、大型のバイクのような安定感のある走行が可能です。また、標準スクリーンやナックルガードが装備されているため、走行時の風が気になる高速道路でも安心して走行できます。

また、Vストロームのもう一つの魅力は足つきの良さです。他のアドベンチャーモデルと比べて良好なので、信号の多い街中でも停車時の立ちごけを心配せずに乗りまわせるでしょう。他にも、ライディングポジションや取り回しが楽なので、長時間のツーリングにピッタリですよ。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。