NMAX155 ABSの買取相場を調査!リアルな査定結果は?

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ヤマハ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » NIKEN
  

ヤマハ

NIKEN

バイクワン買取強化車種

ヤマハがMT-09をベースに造り上げたスポーツ系のリバーストライク 気になる買取相場や実際の査定額は?

トリシティ125/155によって前2輪、後1輪のリバーストライクの分野に進出したヤマハが次に手掛けたのは、誰もが驚いたスポーツ系ベースのNIKENでした。買取依頼する場合、気になる査定相場はどのくらいなのか?バイクワンに実車の査定を依頼した際の内容をレポートとしてご紹介します。併せて、NIKENの歴史や魅力についてもとりまとめていますので、ぜひご覧になってみてください。

2020年7月時点の買取相場

1,585,400~
1,702,500円

NIKENとは

ヤマハ NIKEN

NIKENのスペック情報

総排気量 845cc
最高出力 85kW(116PS)/ 10,000rpm
最大トルク 87Nm(8.9kgf・m)/8,500rpm
全長・全高・シート高 2,150mm/1,250mm/820mm
重量 263kg
燃料タンク容量 18L
燃料消費率 26.2km/L
発売年 2018年
メーカー希望小売価格 1,815,000円~
カラー マットダークパープリッシュブルーメタリック1他

NIKENの歴史

ヤマハが独自に造り上げた、3輪大型スポーツモデル

NIKEN(ナイケン)のデビューは2018年。それに先駆け2017年秋の東京モーターショーに参考出展車として出品されました。通常こうしたコンセプトモデルというものは、そのメーカーの技術力やアイデアなどをアピールするのが主目的で、そのまま市販車としてリリースされることは稀です。それこそ多くの方が一般発売されるとは思っていなかったことでしょう。まさに度肝を抜かれる出来事でした。

NIKENについて語るのであれば、リバーストライクとしてヤマハが先に発売していたトリシティ、さらにはリバーストライクというジャンル自体について知る必要があります。リバーストライクとは前2輪、後1輪の車両のこと。大きく分けて、普通自動車免許で運転できるものと、自動二輪免許が必要なものがあります。前者の代表格はカナダのBRP社が手掛けるカンナム・スパイダーやライカーなど。一方、後者の代表格はもちろんトリシティやNIKENです。

車種によって運転できる免許が異なる理由は、車体の構造の違い。具体的には、車体が傾かず4輪車のようにハンドル操作で曲がるのか、車体の一部が傾くようになっていて2輪車と同じ感覚で曲がれるようになっているかの違いです。

ちなみに、バイクタイプのリバーストライクでも、当初は普通自動車免許で運転できました。2007年、イタリア・ピアッジオ社のリバーストライクMP3が輸入販売される際、普通自動車免許でOKとされたのです。ところが蓋を開けてみると、バイク経験の無い運転者による事故が多発。道交法が急遽改正され、2009年9月1日以降、MP3の運転には自動二輪免許が必要となりました。そんなドタバタがあったせいか、日本メーカーはその後もしばらくはリバーストライクの分野へ進出することはなく、前述のMP3や同じピアッジオグループのジレラ・フォコ(500cc)などに車種は限られていました。

しかしその間、密かに研究を重ねていたのがヤマハだったのです。2014年、満を持して国産初のリバーストライクとして発売したのがトリシティ125でした。たちまち大ヒットとなり、大阪、神奈川、愛知などでは交番勤務の警察官向けに導入といったニュースも。2017年には高速道路の走行が可能な兄弟車、トリシティ155も登場となりました。 と、前述のイタリア勢やトリシティ兄弟のように、前2輪のリバーストライクはスクータータイプがベースという流れでした。次はマジェスティやTMAXベースかと噂されていたなか、ヤマハは予想を遥かに上回ることをやってのけたのです。ヤマハでも随一の人気となっていた大型スポーティモデル、MT-09をベースとしたリバーストライクを発表。それこそがNIKENでした。

NIKENの魅力

MT-09譲りのスポーツ性能を、前2輪の安心感とともに

話が前後しますが、ヤマハがトリシティ125のデビュー時に発表したのが、LMW(リーニング・マルチ・ホイール)というコンセプトです。意訳すると「車体を傾けて曲がることができる3輪の乗り物」という感じ。改めてご説明するまでもなく、2輪車の大きな楽しみのひとつは、車体を傾けながら人車一体となってコーナーを駆け抜けていくことですね。一方で、前輪が横方向にスリップしてしまうと転倒に見舞われるというリスクも。

そこでヤマハが打ち出したのが、2輪に限りなく近い操作性や楽しみを味わえ、なおかつ前輪からのスリップダウンのリスクを極力低減する手段としてのリバーストライク方式。それこそがLMWの真髄であるとしています。

そうしたコンセプトを大型モデルのMT-09ベースで実現するにあたり、NIKENでは前輪の左右間隔を410mmとし、1輪につき2本のフロントフォークをそれぞれタイヤの外側に配置(トリシティではタイヤの内側)。そうすることで、前2輪という安定性とともに、最大45°のバンク角を実現できる構造としているのが、最大の注目ポイントです。

その上でABSも専用のセンサーと制御装置を備えることで、3輪それぞれに最適な制御が行えるという工夫もなされています。さらにはクルーズコントロール、アシストスリッパークラッチ、クイックシフター、トラクションコントロールといった最新の電子制御装置も搭載。 それこそ大型自動二輪免許を取得したばかりの方や、バイクの運転にブランクがある方などでも、転倒のリスクを大きく回避しながら、MT-09譲りのスポーティな走りを大きな安心とともに満喫できるというのが、NIKENならではの大きなメリットです。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?

【管理人について】