バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ヤマハ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » セロー250 DG17J

YAMAHA

セロー250 DG17J

山道にピッタリなセローシリーズ第七世代
買取相場&リアル査定レポート

多くの人に愛されてきた、誰でもどこでも楽しくドライブできることに定評のあるセローシリーズの七代目「セロー250 DG17J」。トルク感の増したFIエンジンと調整されたフロントフォークが光るマシンの買取相場は?リアルな査定結果も詳しく公開!

買取相場

310,000~
380,000円

セロー250 DG17Jをバイクワンで査定してもらいました!

SEROW250DG17J
買取車情報
年式 2014年
走行距離 14,200km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

330,000

※2019年5月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
5
傷小、錆小、異音小、吹き上がりやアイドリング問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
サス傷小・錆小、ホイール錆小、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、シュラウド傷小、シートヘタリ小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆小、ホイール錆小、タイヤ減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー錆小、エキパイ錆、ヒートガード傷、電装系問題無し
フレーム
5
ストッパー傷小、ステップ傷小・錆小
そのほか
-
室内保管で目立つ傷・錆少なくきれいな車輌

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
セル一発始動、錆小、吹け上がり・アイドリング問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
ホイール傷小、ディスクローター減り・錆小
外装(外装パーツの状態) 5
タンク上部傷、シートよれ・汚れ小、フェンダー小傷
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆小、ホイール傷小、ディスクローター減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
マフラー傷・錆小、エキパイ変色、アンダーカウル傷・錆小
フレーム 5
ステップ傷・錆
そのほか -
オーナー数不明、車庫保管で全体的に綺麗、目立つ錆はないが小傷が多い

※点数は10点満点です

査定額【330,000円】がついたセロー250 DG17Jの画像はコレだ!

セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J

条件が違うとセロー250 DG17Jの査定額はどう変わる?

ETC、グリップヒーターやメーターバイザー等オプション有り プラス10,000~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス20,000~50,000円
オフロード走行による傷・凹み多数有り マイナス30,000円~
グリップヒーターやメーターバイザー等オプション有り
プラス10,000~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス20,000~50,000円
オフロード走行により傷・凹み多数有り
マイナス30,000円~

セロー250 DG17Jのカスタム事例

セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J
セロー250 DG17J

編集部よりひとこと

こちらはアウトドアで遊びやすいYAMAHAセローシリーズの第七世代モデル、セロー250 DG17Jです。この世代ではFI・媒体を採用しており、トルク感と環境性能が向上しています。長距離用にスクリーンやブラッシュガードなどのアクセサリーをセットしたツーリングセローも人気を博しました。

買取相場は310,000~380,000円で、こちらの車両は330,000円の買取査定額が付いています。傷や錆などのが少なく、きちんとメンテナンスされていた様子。しかし走行距離が14,200kmと長めのため、少し低めの額が提示されたようです。

傷や凹みがあれば、査定額は30,000円ほど下がるとのこと。セローシリーズはオフロード走行で使われる方も多いので、注意が必要です。逆に社外の高級マフラーなどを装着していると、20,000~30,000円の査定額アップが期待できます。

セロー250 DG17Jとは

セロー250 DG17J

セロー250 DG17Jのスペック情報

型式 ヤマハ・セロー250 DG17J
エンジン形式 空冷4サイクルSOHC単気筒
総排気量 249cc
最高出力 14kW(18PS)/7,500rpm
最大トルク 18N・m(1.9kgf・m)/6,500rpm
全長・全高・シート高 2,100mm/1,160mm/830mm
重量 130kg(装)
燃料タンク容量 9.6L
燃料消費率 40.0km/L
発売年 2008年
メーカー希望小売価格 470,000円
カラー パープリッシュホワイトソリッド 他

セロー250 DG17Jの歴史

山を「楽しむ」ことに特化したカモシカ

初心者向けオフロードバイクシリーズの「セロー」。カモシカ(serow)のように荒い獣道でも、軽快に長距離を走りぬくコンセプトで生まれました。現在でこそヤマハの王道モデルとして扱われていますが、初代の売れ行きは芳しくありませんでした。当時はスペック至上主義で、オフロードバイクにも速さが求められている時代。トレール初心者向けのセローはぱっとせず、初年度の売り上げは2,051台しかなかったそうです。しかし、それでもその独自のスタイルを貫き続けたことで、だんだんとバイカーたちにその良さを理解してもらえるように。結果、現在にまでいたる長寿モデルとなりました。

DG17J はそんなセローの第七世代。法改正をきっかけにエンジンなどが変わり、低・中回転域を重視したモデルになりました。また、長距離ツーリングにセローを用いるユーザーが増えたことからアクセサリーパッケージをセットした「ツーリングセロー」も販売。こちらも人気を集めました。

セロー250 DG17Jの魅力

どこまでもいける二輪二足のスタイル

セローの魅力は走りやすさ。悪路に特化し、山道をじっくり粘り強く走るのがセローの最大の特徴です。130kgしかない車体は取り回しがよく、フロントが軽いので低速でのハンドリングも楽にできます。車体にはセミダブルクレードルフレームを採用しているので、軽くとも耐久性は問題無しです。

また、林の中をかき分けることを想定し、二輪二足をコンセプトにしているのもセローの特徴。小柄な女性でも簡単に足が付く低い車体は、獣道を歩くように進めます。

セロー250 DG17Jではフロントフォークが変わり、トレール量が100mmから105mmになったほか、エンジンがより中低速向けのFIエンジンに。今まで以上の安定性と林道での粘り強さを実現しています。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。