バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ヤマハ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » XSR700

YAMAHA

XSR700

ライダーが乗っていて楽しいバイク
買取相場&リアル査定レポート

2017年に国内向け仕様が登場したXSR700。新世代のネオレトロスタイルのバイクで、エンジンとフレームの基本性能が高められ軽快なハンドリングが魅力です。そんなXSR700の買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!

買取相場

730,000円~
810,000円

XSR700をバイクワンで査定してもらいました!

XSR700
買取車情報
年式 平成29年
走行距離 1,800km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し

バイクワンの査定額

760,000

※2018年12月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
6
始動時特に異音無く、アイドリングも安定している
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
6
サスアウター傷小、外観や機能面に問題無し
外装(外装パーツの状態)
6
使用時の小傷程度、保管中の汚れ程度で問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
6
スイングアーム・ホイールに小傷あるが、機能面に問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
6
エキパイ錆小、排気漏れ等無し、電装系異常無し
フレーム
6
傷・錆等一切無し
そのほか
-
室内保管で目立つ傷・錆等無く、使用感程度できれい

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 6
始動時特に異音無く、アイドリングも安定している
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 6
サスアウター傷小、外観や機能面に問題無し
外装(外装パーツの状態) 6
使用時の小傷程度、保管中の汚れ程度で問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 6
スイングアーム・ホイールに小傷あるが、機能面に問題無し
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 6
エキパイ錆小、排気漏れ等無し、電装系異常無し
フレーム 6
傷・錆等一切無し
そのほか -
室内保管で目立つ傷・錆等無く、使用感程度できれい

※点数は10点満点です

査定額【760,000円】がついたXSR700の画像はコレだ!

XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700

条件が違ったらXSR700の査定額はどう変わる?

ETC、グリップヒーター付 プラス20,000円~50,000円
カスタムシート装着、純正シート有り プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス20,000円~50,000円
ETC、グリップヒーター付
プラス20,000円~50,000円
カスタムシート装着、純正シート有り
プラス10,000円~20,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス20,000円~50,000円

XSR700のカスタム事例

XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700
XSR700

編集部からひとこと

こちらは平成29式のXSR700です。XSR700と言えば新世代のネオレトロスタイルの車種で、XSR900の兄弟車だと言われています。XSR900のように電子制御デバイスは採用されていませんが、エンジンやフレームの基本性能が高められ、ハンドリングしやすいのが魅力的なバイクです。低速走行でも十分なトルクを発揮するので、ツーリングだけではなく街乗りにもピッタリなので、さまざまなシチュエーションで楽しめるでしょう。

そのXSR700の買取相場は730,000円~810,000円となっています。そして、こちらの車輛の買取査定額は760,000円。新車価格が890,000円なので、比較的高値の査定額がついています。こちらは高年式かつ走行距離は1,800kmと短く、室内保管のおかげで錆や傷はありません。エンジンの状態も良くきれいな車輛です。

さらに、ETCやグリップヒーター、社外品のカスタムシートといったオプションが付いていたら、提示された査定額に30,000~70,000円ほど上乗せされたでしょう。他にも、人気のモリワキやヨシムラのマフラーを装備していた場合は20,000~50,000円ほど査定額アップが期待できます。

XSR700

XSR700

XSR700のスペック情報

型式 2BL-RM22J
エンジン形式 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
総排気量 688cc
最高出力 54kW(73PS)/9,000r/min
最大トルク 68N・m(6.9kgf・m)/6,500r/min
全長・全高・シート高 2,075mm/1,130mm/835mm
重量 186kg
燃料タンク容量 13L
燃料消費率 38.4km/L(60km/h)
発売年 2016年
メーカー希望小売価格 899,640円
カラー マットグレーメタリック3 他

XSR700の歴史

2016年に誕生した最新モデルのバイク

2016年にヨーロッパ市場向けに先行発売された後、2017年に日本国内仕様が販売されたXSR700。新世代スタンダードモデルのMT-07のフレームやエンジン、前後サスペンションが採用されており、2気筒エンジンにパイプフレームを搭載したバイクです。XSR900の兄弟モデルで、ネオレトロな外観で幅広い層のバイクファンから高く評価されています。

XSR700と兄弟車であるXSR900の違いは、最新のテクノロジーの有無です。XSR900には、トラクションコントロールやD-MODE(走行モード切替システム)といった電子制御デバイスが搭載されていますが、XSR700にはありません。しかし、それはXSR900とはコンセプトが異なっているからです。XSR700は、「自身でバイクを操作する楽しさを味わってほしい」というコンセプトがあり、電子制御デバイスの代わりにエンジンやフレームの基本性能を高められています。そのため、XSR900にはない心地良い走りと軽快なハンドリングを満喫できるでしょう。

バイクを移動の手段として乗るのではなく、自分の思い通りにバイクを操りたい方には、XSR700はピッタリですよ。

XSR700の魅力

軽快なハンドリングのおかげで街中を自由に走れる

XSR700には、水冷直列2気筒エンジンが採用されています。使用頻度の高い回転域(3,000~6,000)で粘り強いトルクを生み出し、扱いやすく乗っていて十分に楽しめるバイクです。また、街中での低速走行でもシフトダウンせずに滑らかな加速を実現。頻繁にギアチェンジする必要がなく、アクセルのオン・オフだけで快適に走れます。

シートには、フィット感を重視したダブルシートが採用され、シートとハンドルの高さのバランスが取れているため、リラックスできるライディングポジションも魅力です。さらに、シートは3種類のレザーが使い分け、ステッチのカラーにもこだわりがあり、モダンでオシャレになっています。

XSR700のボディカラーは2タイプあり、マットグレーとダルレッドの2種類。アルミ製タンクカバーのバフ掛け処理は、職人の手作業によってマットのクリア塗装を施され、細部にまでこだわられています。
監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。