ヤマハYZF-R1/R1Mの買取相場を調査!リアルな査定結果は?

バイクの買取相場カタログ

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ヤマハ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » YZF-R1/R1M

YAMAHA

YZF-R1/M

1000cc4気筒スーパースポーツの先駆者
YZF-R1の査定結果も公開!買取相場&リアル査定レポート

1998年の衝撃デビューにより、スーパースポーツという新たなジャンルとその時代の流れを創出したYZF-R1。 2015年モデルは鈴鹿8時間耐久レースで4連覇!ここでは、YZF-R1の買取相場と、リアルな査定結果を詳細にレポート!

買取相場

1,340,000~
1,440,000円

YZF-R1をバイクワンで査定してもらいました!

YZF-R1
買取車情報
年式 平成27年
走行距離 5500km
状態(外観) 社外外装(純正カウル無し)
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 社外外装、スライダー、左右レバー

バイクワンの査定額

1,400,000

※2018年10月時点の相場を鑑みた査定額です

査定者の評価コメント
エンジン
5
ラジエーターフィン凹み有り、異音有り、吹け上がり問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
錆小、汚れ有り、ホイール傷小、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態)
3
外装載せ替え、カウルズレ有り、傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
ホイール傷小、タイヤ減り溶け
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
3
テール・ウインカー不灯の為配線要確認、マフラー傷、エキパイ変色
フレーム
5
ストッパー凹み小、ステップ傷、タンデムステップ欠品
そのほか
-
アッパーカウルに飛び石による傷有り

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
ラジエーターフィン凹み有り、異音有り、吹け上がり問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
錆小、汚れ有り、ホイール傷小、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態) 3
外装載せ替え、カウルズレ有り、傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
ホイール傷小、タイヤ減り溶け
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 3
テール・ウインカー不灯の為配線要確認、マフラー傷、エキパイ変色
フレーム 5
ストッパー凹み小、ステップ傷、タンデムステップ欠品
そのほか -
アッパーカウルに飛び石による傷有り

※点数は10点満点です

査定額【1,400,000円】がついたYZF-R1の画像はコレだ!

YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1
YZF-R1

エキゾーストノート(排気音)を聞く

条件が違ったらYZF-R1の査定額はどう変わる?

ETC付 プラス10,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り プラス30,000円~100,000円
純正パーツ保管 プラス30,000円~100,000円
ETC付
プラス10,000円
社外マフラー装着、純正マフラー有り
プラス30,000円~100,000円
純正パーツ保管
プラス30,000円~100,000円

「ライダーライターT」よりひとこと

こちらは2015年式のYZF-R1。この年のフルモデルチェンジによってレースでの戦闘力を大幅にアップし、鈴鹿8時間耐久レース4連覇の礎となったモデルですね。またこの年式は、ストック状態でアクラポビッチ製マフラーが装着されているのも注目です。

気になる買取相場は1,340,000円~1,440,000円。こちらの個体の買取査定としては1,400,000円となったそうです。走行距離は7,067kmと比較的少なめ。その上で、目を惹くのが、外装デザインがワールドスーパーバイクに参戦するヤマハワークスチームのカラーリングとなっている点。これは社外品のカウルに換装しているとのこと。またフレームスライダーの装着、左右のレバー交換もされています。

一方で、純正カウルやタンデムステップは保存されておらず、小さなキズも各所に発生、ラジエーターフィンにも歪みありとのこと。これらを総合して、この買取査定額となったそうです。

ちなみに純正カウルやタンデムステップなどが揃っていればプラス30,000円~100,000円。社外マフラー装着かつ純正マフラー保存でプラス30,000円~100,000円。ETC装置の搭載でプラス1万円の査定アップが期待できるとのこと。

YZF-R1/Mとは

YZF-R1

YZF-R1のスペック情報

総排気量 1250 cc
最高出力 74kW(100PS)/8,000rpm
最大トルク 108N・m(11.0kgf・m)/6,000rpm
全長・全高・シート高 2,055mm/ 1,150mm/ 855mm
重量 200kg
燃料タンク容量 17L
燃料消費率 ――
発売年 1998年
メーカー希望小売価格 逆輸入車のためなし(参考価格2,268,000円:R1
カラー ディープパープリッシュブルーメタリックC他

YZF-R1/Mの歴史

1000cc4気筒スーパースポーツの先駆者

YZF-R1もまた、バイク界において、歴史のターニングポイントとなった1台です。初代モデルの登場は1998年でした。当時、市販車ベースのマシンで行われるスーパーバイクのレギュレーションは、4気筒は750ccまで(2気筒は1000ccまで)というものでした。そのため、各メーカーともレースベース車となるスポーツモデルは750cc、1000ccクラスはスポーツ的なツアラーという住み分けがなされていました。

そんな中、ライバルであるホンダは、CBR900RRという、当時のレースには参戦できないものの、スポーツ指向を高めたモデルをラインアップしており、ライバルメーカーとの差別化を図っていました。それに対抗すべく、ヤマハが打ち出したのが、他ならぬYZF-R1です。400ccクラス並の重量で当時の最高出力の新設計エンジンを搭載。さらにそれまでのスポーツモデルにはなかった、鋭角的なデザインを身にまとって登場。大いなる衝撃をもたらしました。

これに触発され、ライバル3メーカーはこぞって、R1の対抗馬となるモデルの開発に着手。しかし、ホンダとヤマハは既存900ccモデルの改良で急場を凌ぐにとどまりました。スズキはR1から遅れること3年、2001年にR1に対抗できるモデルとしてGSX-R1000を完成。そして2004年、スーパーバイクのレギュレーションが4気筒1000ccに変更されることが決定。ホンダはCBR1000RR、川崎は ZX-10Rを完成。スーパースポーツ戦国時代へと突入していくのでした。

YZF-R1/Mの魅力

スーパースポーツの先駆者としての矜持

1998年の衝撃デビューにより、YZF-R1はスーパースポーツという新たなジャンルを創出しました。かつてレーサーレプリカと呼ばれたジャンルを、1000ccクラスへと移行させたのです。そして前述しました通り、2004年には、スーパーバイクレースのレギュレーションを変更させるまでの影響力を及ぼしました。まさに時代の流れを創り出したのです。

さらにはイタリアのドゥカティやアプリリア、ドイツのBMWなども巻き込み、レースの世界での覇権争いを繰り返しています。一時期、ライバル車の後塵を拝したこともありましたが、2015年のフルモデルチェンジによって、R1は再び、業界の度肝を抜くことになります。MotoGPマシンであるYZR-M1よりフィードバックされたテクノロジーがふんだんに盛り込まれ、マグネシウム合金やチタン合金などの素材も大量に使用。エンジン出力は200馬力に到達しました。その上で、前後オーリンズ社製の電子制御サスペンションやカーボン素材の軽量カウルなどを装備し、レース指向をさらに高めたYZF-R1Mもラインアップ。

この2015年モデルの戦闘力はライバル車を圧倒。かの有名な鈴鹿8時間耐久レースにおいて、2015年、2016年、2017年、2018年と4連覇を記録しています。もちろんレースの世界においては、当然ライバル達も黙っている訳はなく、リベンジの機会を虎視眈々と狙っています。そうした切磋琢磨があるからこそ、YZF-R1/Mはここまでの高性能を実現したのであり、また今後もその進化が続いていくものと思われます。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。