ヤマハYZF-R25 RG10J(2015年式)の買取相場を調査!リアルな査定結果は?

バイクの買取相場カタログ

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ヤマハ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » YZF-R25 RG10J(2015年式)

YAMAHA

YZF-R25 RG10J(2015年式)

初心者にもやさしい「毎日乗れる、スーパーバイク」
YZF-R25 買取相場&リアル査定レポート

ヤマハ スーパースポーツの象徴、YZF-R1などの「R-DNA」を継承した高パフォーマンスと日常の扱いやすさを両立したYZF-R3/R25。ここではYZF-R25の買取相場と、リアルな査定結果を詳細にレポート!

買取相場

340,000~
390,000円

YZF-R25をバイクワンで査定してもらいました!

今回査定に出したYZF-R25の画像はコレだ!

YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
YZF-R25
買取車情報
年式 平成27年(2015年式)
走行距離 2100km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 スリップオンマフラー
査定者の評価コメント
エンジン
6
始動性・吹け上がり問題無く、アイドリングも安定
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
6
サス錆小、グリップエンド傷小
外装(外装パーツの状態)
6
全体的に使用傷程度
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆、スイングアーム傷小
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
6
サイレンサー傷小、エキパイ錆小
フレーム
6
傷・錆一切無し
そのほか
-
屋内保管でワンオーナー、使用感程度できれい

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 6
始動性・吹け上がり問題無く、アイドリングも安定
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 6
サス錆小、グリップエンド傷小
外装(外装パーツの状態) 6
全体的に使用傷程度
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆、スイングアーム傷小
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 6
サイレンサー傷小、エキパイ錆小
フレーム 6
傷・錆一切無し
そのほか -
屋内保管でワンオーナー、使用感程度できれい

※点数は10点満点です

バイクワンの査定額

370,000

※2018年10月時点の相場を鑑みた査定額です

条件が違ったらYZF-R25の査定額はどう変わる?

ETC付 プラス10,000円
純正パーツ保管 プラス20,000円
傷・錆一切無し プラス20,000円
ETC付
プラス10,000円
純正パーツ保管
プラス20,000円
傷・錆一切無し
プラス20,000円

「ライダーライターT」よりひとこと

こちらは2015年式のYZF-R25。ヤマハでも久しく250ccフルカウルモデルが途絶えていましたが、ライバルのNinja250やCBR250Rのヒットを受け、この分野に再度参戦。ライバル車よりもスポーティさを際立たせて登場しましたね。

気になる買取相場は340,000円~390,000円。こちらの個体には370,000円の買取査定がついたとのこと。走行距離は2,948km。ヤマハ車の社外パーツを数多く手がけるオーバーレーシング社製のスリップオンマフラーを装着しているのが目を引きます。

屋内保管されていたとのことで、外観のコンディションも概ね良好。使用しているうちに普通についてしまう小さなキズとサビがある程度とのこと。もうひとつマイナスポイントとしては純正のサイレンサーを手放してしまっている点があったとのこと。こられを総合して提示されたのが、この査定金額とのことでした。

なお、ETC装置の装着でプラス10,000円。純正サイレンサーが保管してあればプラス20,000円。キズやサビが一切なければプラス20,000円の査定アップが期待できるとのことです。

YZF-R25とは

YZF-R25

YZF-R25のスペック情報

型式 RG10J
総排気量 249 cc
最高出力 27kW(36PS)/12,000rpm
最大トルク 2.3kg・m(23N・m)/10,000r/min
全長・全高・シート高 2,090mm/1,135mm/720mm
重量 168kg
燃料タンク容量 14L
燃料消費率 33.5km
発売年 2015年
メーカー希望小売価格 -
カラー -

YZF-R3/R25の歴史

ヤハマミドルクラス、フルカウルモデルの復活!

YZF- R25は2014年末、兄弟車のYZF-R3は2015年春に発売が開始されました。ヤマハにおいては、長らく不在となっていた普通自動二輪免許(かつての自動二輪中型限定免許)で乗れる、フルカウル・スポーツモデルの復活として、話題になったことは記憶に新しいのではないでしょうか。

ご存知の通り、1990年代のレーサーレプリカブームの終焉、そして同じヤマハのマジェスティが切り開いた、いわゆるビッグスクーターブームという時流もあり、250ccクラス、および400ccクラスにおいてのスポーツモデルは、ある種の絶滅状態となっていました。250ccクラスで選べるのは、ビッグスクーター、ネイキッド、オフローダーという時代が久しく続いていたのです。

そんな状況に楔が打ち込まれたのは2008年。いみじくも国内メーカーの中では唯一スクーターを製造していないカワサキが、250ccフルカウルのスポーツモデルとして、ニンジャ250Rをリリースしたことでした。たちまち人気車種となり、250ccスポーツモデルにニーズがあることが証明され、ホンダもCBR250Rで追随します。

そうした状況にやや遅れをとっていたヤマハでしたが、そうした状況を逆手に取り、市場ニーズやライバルとの差別化を徹底研究。その結果、ニンジャ250RとCBR250Rはフルカウルではあるもののスポーツツアラー的な趣なのに対し、YZF-R3/R25は、よりスーパースポーツモデル指向を高めたモデルとして完成したのでした。

YZF-R3/R25の魅力

兄貴分R6、R1の血統を、ミドルクラスで再現

前述しました通り、YZF-R3/R25は同じヤマハのスーパースポーツモデルであるYZF-R1およびR6の雰囲気を再現しており、そのスタイリングはライバルであるニンジャ250RとCBR250Rとの大きな差別化となりました。

その一方で、ヤマハ公式サイトにて「毎日乗れる、スーパーバイク」というキャッチフレーズが冠されている通り、アップライトなハンドルポジションと高さを抑えたシート高により、極端な前傾姿勢を強いるということはありません。それこそ、初心者や女性ライダーであっても、臆することなくスポーツ走行が楽しめるよう配慮されています。なかなかに秀逸なバランス感覚と言えるでしょう。

ちなみに余談ながら、ライバルであるホンダがスポーツツアラー的な趣であったCBR250Rを、よりスポーツ指向を高めたCBR250RRへとモデルチェンジしたのは、YZF-R3/R25の完成度の高さに対抗するためというのが、もっぱらの評判となっています。

もひとつ、YZF-R25の兄弟車として、なぜ400ccではなく320ccのR3をラインアップしたのか、疑問に思われる方も多いことでしょう。簡単に言ってしまえば、YZF-R3/R25は世界戦略車であるため。ご存知の方も多いかもしれませんが、400ccというのは日本の免許制度に応じたクラスであり、言わば日本のガラパゴス的クラスだからです。また、250ccクラスの車体に400ccエンジンを搭載するのは無理があり、新設計としなければなりませんが、320ccはギリギリ、共通車体でも強度や耐久性、剛性などを確保できる排気量だという事情もあるのだそうです。

監修者情報 バイク買取専門店 バイクワン
バイク買取専門店バイクワン
2007年設立のバイク買取専門店。全国無料出張査定・バイク全車種対応可。パーツ買取専門店「パーツワン」も運営。